人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 22日

熊野の旅 生節 猫の餌にあらず!

 この辺りでは、昔から「生節」というものを食べてきました。
 「生節・なまぶし・なまりぶし」・・・鰹節の手前のもの?
 カツオのシーズンになると出回って、結構食べた物です。
 茹でただけの物や少し燻製にした物があり、それぞれ好みがあります。
 写真は少し燻蒸した物ですね。
d0045383_21423461.jpg

 美味しそうですね。
 こいつは包丁で削って「酢醤油」あたりで、ご飯に載っけて・・・
 燻蒸していないのはもの凄く柔らかなので手でほぐして、やっぱり醤油掛けてご飯にまぶして・・・
 やたらと「ままが進む」代物です。

 昔は今より安かったんでしょうね。
 普通に出て来て食べたんですから・・・
 今はそんなに気楽に食べられるほど安くないですね。
 よそに出て行くのは真空パックした物です。
 私は真空パック物よりこうした剥き出しの方が好きです。
 真空パックすると空気を抜くせいで身が締まってしまいます。
 衛生的で日持ちしますけどね。

 むかし、日本橋三越の三重県物産展に出ていた頃、この「真空パック生節」も持って行きました。
 出店料付加も大きいので結構高くなっていたのですが・・・
 あのお店のお客様・・・奥様方に・・・
 「あら! 猫ちゃんの好物ね!」 と何度も言われました。
 たしかに猫は間違いなくこれは好きです。
 そして、「キャットフード」にこれがあるんですよね。
 むしろ、人間用の食品として目にすることがほとんどない代物です。
 『これは人間用ですよ!』
 「うそー! 人間が食べても大丈夫なの?」 こんな会話になりましたね。
 人間様でもふんだんには食べられない「生節」がこの有様です。

 『美味しいですから、削って醤油垂らして、ご飯に混ぜ込んでたべてみてください』と勧めると・・・
 「やっぱり、猫まんまよね!」となっちゃうのです。
 確かに上品では無いし・・・
 地元出身の人だと喜んで買ってくれるのですけどね。
 そうして奥様方に買って貰ったのは、人間の口に入ったのか猫様のお口に入ったのか・・・
 次の年に。「あれ美味しかったわよ!」と又買ってレたのは一人だけでした。

 今年はカツオ漁が少し良いのだとか・・・
 「猫飯流」「キュウリもみ」「炊き飯」・・・
 熊野の夏の食材です。
 2011年4月3日の記事に「川口商店」を載せています。

 全国あちこちで作られて、通販も出て居ます。
 多分、熊野のが一番だと思いますが、検索すると通販では負けそうです。
 一度、食べてみて下さい。

 
 ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
    tab

by je2luz | 2016-07-22 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23322597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 恐山      熊野の旅 新出町稲荷の夏祭り >>