LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 13日

熊野の旅 今年は山口へ・・・  その前に・・・

 議会というところは行政先進地視察というのをやります。
 抱えている課題について先に取り組んでいるところなどを視察に行くのです。
 かつては、現地に入るまでに資料を揃えるのが難しかったのですが、今は、そこそこの資料はネットで出て来ます。
 自治体のHPを開いてリンク先まで行くとかなり詳しいものが出ていることが多いです。
 それを印刷してじっくり眺めると、昔、詳しい資料無しで訪問して色々説明受けて質問した時より詳しく判ることも多いです。
 公式HPに出て居るのは「建前」と言うこともありますけどね。
 現地で実情を聞くと面白い話になっていたりすることもありますから、見方。聞き方で中身は変わります。
 でも、聞いて良いこと、いけないことという仕分けも必要でしょう。
 私の場合、セーブしないと本音を聞きたくなります。
 よその自治体はよその家ですからねえ・・・

 熊野市は「市」なんです。
 でも、人口が27000人ほどのところなので、よく似た規模の自治体となると、「町・村」が多いです。
 人口10万ならまだしも、30万、50万なんて参考にもなりませんね。
 ニュータウン・団地の方が大きいのですからね。

 今度行くのは二箇所ですが・・・
 周防大島町 17.871人 9、830世帯 138.09平方Km
 周南市  149,487人 61,841世帯 656.29平方km
 こんな風になり、周防大島町は熊野市と人口同じ。でも面積は1/3
 市が不便か陸の孤島が不便か・・・
 都会の人には「島」という響きが魅力的???
 移住定住についても聞くことになりますが、多分、集客要素に入っているでしょう。
 「ゆとり世代」には向くかも・・・
 「団塊の世代」はもっと厄介かと思います。
 何も無くぼんやりさせると狂ってきそうだし・・・
 でも、「団塊の世代」の方が資金をもっているんですよね。
 国はその金を孫の為に使わせようって算段してますね。
 それを持って田舎へUターンさせるのが良いのですが、上手く行ってたら教えてはくれません。
 フリーで町をうろついたり出来ないのがこうした視察の弱点です。

 26/27/28と行ってきますから、何かあれば書きます。
 本当に参考になることを見つけたら、ここには書きません。

 その前に・・・
 7月20避水曜日 新出町稲荷神社の夏祭りです。
 ビアガーデンがあり、飲んだ人には福引きもあります。
 おつまみ用に今年も神輿の若い衆達が丸干しを焼いていると思います。
 素朴で一番合うと思いますよ。
 いつも言うように・・・
 本当の「熊野の特産品」ですから・・・
d0045383_2249999.jpg


       
     
人気ブログランキングへ
  ↑↑↑ 一日一回ポチッと押してください↑↑↑
         

by je2luz | 2016-07-13 04:16 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23291054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野の山の木      熊野の旅 14日は行列が出来るの? >>