LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 11日

熊野の旅 今年の土用の丑は一回

 19日は土用の入りです。
 暦を見たら・・・19日は「とら」です。
 「うし」のすぐ後ってことは・・・土用の丑の日は一回しか無いのでしょう。
 30日が「うし」です。
 丑の日が一回で済んだら、日本鰻も食われる数が減るのでしょうね。
 鰻は美味いですが近年食べていません。
 以前は夏場に大阪へ行くと「まむし」食っていました。
d0045383_012569.jpg

 これ、戦前の大阪城だと思います。
 お袋が嫁入りに持って来たネガにあります。

 私の子供の頃はこの辺は大阪圏で親戚も大阪都か関西が多いし、関西の方が馴染みよかったのです。
 大きくなって都会へ出る時には迷わず「東京」でした。
 下北山の村長をやって居た叔父が早稲田で、若き日の角帽をかぶって大隈講堂をバックに写した写真を「格好良い!」と思ったので、そのまま、大きくなったら東京、そして大学は早稲田って思い込んじゃったのでしょうね。
 兄貴も同じだったようです。
 叔父が東大だったら???
 赤門の前の写真だったら???
 人生変わったのかなあ???
 今頃総理大臣だったかも!

 今でも大又川には細々とでも鰻が放流されているので鰻は捕れます。
 漁業権は設定されていませんから電気とか毒とか使わなければ自由に捕れます。
 放流ものでも瀬で育った鰻は美味しいですよ。
 鰻鶏は好きなんですが、わざわざ通って捕る気力は無いです。
 今の時期、大又川を見ると・・・
 「あそこの石にはおる!」などと思います。
 鮎なんかよりずっと面白いし美味しいです。

       
     
人気ブログランキングへ
  ↑↑↑ 一日一回ポチッと押してください↑↑↑
         

by je2luz | 2016-07-11 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23286211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 14日は行列が出来るの?      熊野の旅 月例広報くまの 7月号より >>