人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 06日

熊野の旅 ついでに・・・清流増刊号・35号

 清流の原稿を印刷所に入れて一切りついたつもりだったのですが、ちょっと知らせたり無い部分があるので・・・
 
 硯に 向かいて、心に映りゆく由無し事を そこはかとなく書きつくれば・・・
 電脳に向かいて、頭に浮かびし納得行かざる思いをごちゃごちゃと書きつくれば・・・
 A4裏表になっちゃいました。
 しからば、これを世に送り出さねば・・・
 しかし、「せいじなるもの 清流など流しはべりて いとわろし」と言われるかも・・・

 高速道路の時以来かな? 増刊を出すのは・・・
 今回のは6月議会の質疑に関してです。
 例の二つの外郭団体についてです。
 市民の人で解っている人はごく僅かでしょうからね。
 でも、本紙では無く増刊で2000部だけです。
 新聞にも折り込みません。
 ネットと両方でどこまで広がるやら・・・
 
熊野市の外郭団体  6月議会議案質疑関連
『一般財団法人・熊野市ふるさと振興公社』 理事長 熊野市長
 この団体は,旧紀和町のふるさと振興公社だったものです。
 合併後一時期は外部にあったのですが、今は熊野市の外郭団体となっています。
 この団体は、「観光部門・・・瀞流荘・湯ノ口温泉」・「丸山千枚田」・「熊野地鶏・ハバネロ・きのこなどを生産する部門」を抱えています。
 この数年、熊野市は湯ノ口温泉の大改装に続き瀞流荘でも大改装を行っています。
 この改装は振興公社が行うのでは無く熊野市が行って、管理運営にお金を払って振興公社にやっていただくのです。
 民間の感覚ですと、公社側が施設の借り賃を貰うのですが役所では逆なのです。「管理委託料」を熊野市が支払って運営をやって貰うのです。
 観光振興、地場産品育成、雇用確保・・・色んな説明はありますが、雇用確保以外はよその人の為・・・そして収支は大赤字なのです。
 長年、問われても言を左右してその赤字を認めなかったのですが、去年になり、私の「補助金など入れなかったら本当は赤字でしょう?」という問いに、「実質赤字です」とすんなり認め、今年は「黒字転換の見込みはあるのか?」と聞いたら・・・「黒字転換は難しいと思います」とまで認めたのです。
 素直に認めたけど・・・ この先、ずっと赤字が続くってことなんです。
 でも、作った人は責任取らなくて良いのが「公共事業」らしいです。
 補助金残があるから売り払いも出来ず、売っても買う業者などあるはずも無し・・・

熊野市ふるさと振興公社2015年度決算書抜粋   単位円
科目   金額           備考  
営業損益△88.292.828 売り上げ総利益304.697.289-一般管理費392.590.117
営業外収益 90.921.532 基本財産収入   21.229   雑収入   2.650.302
              委託料収入   34.402.500  会員収入 5.760.000
              補助金収入   46.127.760  受取利息    5.482
              その他受託収入 1.954.259
営業外費用3.436.716負担金        300.146
退職給付費用  3.120.000
雑損失         16.570
   当期損益△808.012

 これは決算書の一部で、赤字はちょっとに見えますが,実質は営業外収入という項目で巨額の赤字消し公金が入っているのです。
 「雇用を生み出しているから良いでは無いか」と言う説明も市長からあったこともありますが、市民のための事業で人件費を払うのは良いですが、これらの事業で良いのでしょうか?
 さらに、建てる時に作った借金も「国がほとんど払ってくれるから良いでは無いか」と言う発想も困ったものです。
 決算書は市民の皆さんにも公開されていますから見る事が出来ます。
 書類はきちんと作られていますから、じっくり見れば実態のわかる人も多いでしょう。
 役所での担当課は「地域振興課」で紀和の出張所にあります。
 こうした外郭の書類はネットには上がっていないようです。
 赤字になるにしても、市民がも少し気楽に楽しめる温泉にして欲しいですね。
 足の確保、利用料金、里帰りの人優待・・・まだまだやれることはあるでしょう。
d0045383_2145526.jpg

 表が崩れちゃいました。
 前にブログに画像で貼ってあります。
 当局としてはあまり知られたくない数字でしょうね。
 こうしたものは「軟着陸」も難しいですね。
 湯ノ口などもう少し気楽に利用出来る立地条件だと「市民の福利厚生施設」と言えるのですが、今の交通事情では・・・
 でも、考えないといけないでしょう。

       
     
人気ブログランキングへ
  ↑↑↑ 一日一回ポチッと押してください↑↑↑
         

by je2luz | 2016-07-06 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23273742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 こんなバス走ってます      熊野の旅 入稿「清流34号」 >>