人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 14日

熊野の旅 手が出せない外郭団体 大赤字?決算

 毎年この時期に熊野市ご自慢の外郭二団体の決算が議会に出て来ます。
 国の外郭同様議会にも手が出せない仕組みになっています。
 「報告事項」という取り扱いで、質問は二往復だけ出来ますがそれでお終いです、
 確かに,別の団体ですし、決算の監査もちゃんと行われているのですけどね。
 一つは「一般財団法人熊野市ふるさと公社」
 もう一つは「有限会社熊野市観光公社」 です。
 一つ目の「公社」の名前はまあ良いにしても、二つ目っていかさま会社みたいでしょう?
 有限会社なのに「公社」名乗っていますからね。
 きちんと「有限会社熊野市観光公社」と名乗り続ければまだしも、前を省略して「熊野市観光公社」と名乗れば誰が聞いても、「公のもの」ととりますよね。
 私が議会に戻ってすぐに一般質問で正したのは・・・
 この「有限会社熊野市観光公社」の「有限会社」ってとくべつなものなのか,「会社法上に普通の法人なのか・・・と言うことでした。
 かなり言い渋っていましたが,嘘は言えないので・・・「普通の有限会社です」と答えました。
 と言うのも、その時の決算書・・・
 普通の有限会社なのに・・・
 熊野市から補助器が注ぎ込まれているのに・・・
 見事に「収支ゼロ」でした。
 赤字分を補助金で精算し、「ゼロ」決算・・・
 「粉飾でしょう?」と問いただしても、その先は「報告事項」なので審議も出来ず・・・
 恐ろしいシステムです。
 これは省庁の外郭と同じやり方です。
 これを作った方は???
d0045383_2338618.jpg

 で・・・
 昨年、「この二つの決算について・・・
 「表面上は赤字は消えて居るが実質は赤字でしょう?」と質問したら・・・
 いともあっさり、「その通りでございます」と来ちゃいました。
 でも、そこまでなんです。

 今年も「大赤字」です。
 「鬼ヶ城センター」「湯ノ口温泉」「入鹿温泉ホテル瀞流荘」などの工事がある度に取り上げて居ますが,建設費は補助金が入り全国民の方々に負担して貰うのですが、その先のランニングの赤字は自前です。
 その収支計算には民間並みの「減価償却」「借入利息」なんて算入しません。
 建物は家賃を払うどころか「管理委託料」」なんてお金までついてくるのです。
 それでも大赤字・・・
 そのサービスを受けるのはよそのお人・・・
 今のご時勢、こうした観光施設を買い取ってくれる民間会社などありませんよね。
 でも、トップにとってはご自慢の施設なのです。
 そして、上手な人ですから、単年度で埋めるので、「累積赤字」は溜まらないのです。
 でも、「違法」ではありません。
 そして、こんな事実を書くのは私だけ???
 嫌われますね。
 好かれたくも無いですけど・・・

 今度の議案質疑にもこの二つをやりますが、「嫌み」90%の質問しか出来ません。
 通告書出したら、中身も少し載せます。

 
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
   

by je2luz | 2016-06-14 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23220114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 一般質問通告締め切り...      熊野の旅 本日より6月定例会 ... >>