LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 05日

熊野の旅 熊野市消防 高規格救急自動車

 熊野市は広いし医者は居ないし・・・
 救急車の必要度の高いところです。
 消防自体は「熊野市消防」を名乗っていますが、南牟婁郡を抱き込んだ広域消防です。
 こうして、複数の自治体をカバーする消防は、「組合立」になることが多いのです。
 例えば広域で維持している「紀南病院」などでも組合立になって、立地している御浜町の町長が理事長、他の熊野市と紀宝町の首長が理事になっています。
 消防もこの様な組織で運営しているのが多いのですが、国の方で町村も消防団では無く「消防署」を作るようにと言う動きになった時、時の熊野市長・西地さんが「どうしよう?」と相談を持ちかけてきたので・・・
 「組合立はあかんで! 消防のノウハウを持っているのは熊野市だから熊野市が他の町の面倒を見れば良い・・・」と返事をしました。
 「それで議会通るか?」というので・・・
 「組合立の方が通らんで・・・」
 と言う事になったのです。
 私がこう主張した訳には、病院や養老院が組合立になっていて、運営はややこしいし・・・
 「消防」は緊急時に即応しなくてはならないですから、指揮系統はすっきりしておくべきです。
 市長に返事をしてから、他の議員諸侯にも話をしたら、先輩議員さん方も、「熊野が引き受ければいいんじゃよ!」と賛同してくれました。
 まさに、異論一つ無しで「熊野市消防」で行く事になりました。
 先輩方は『組合立』で随分ややこしいのを経験していましたし、その話を一杯聞いていたので、私の市長への答えも出て来たのです。
 組合立だろうが熊野市が抱えようが、経費の分担など一円の端まで計算出来るはずありませんからね。
 当時は、熊野市の他、御浜町、紀宝町。鵜殿村、紀和町があったのでその四つを抱え込んだのです。
 一気に膨れたので、一気に職員が増え、元の熊野市消防の職員さんの負担も大変だったのですけどね。
 その職員採用も色々あったようで、採用発表の期日を延ばしたりしましたね。
 その時も私は、「職員採用は市長の専決事項」と言うことで、一切クチバシは突っ込みませんでした。
 なにしろ、四つの他所の自治体が絡むので、熊野市の課長さんも動けなかったようです。
 どうして、職員採用となると、どろどろした動きをしたがるのでしょう?
 「職員採用にねじ込めるのが大物」なんて、悪い評価数缶が田舎にはありますからね。
 ???
 田舎だけじゃなさそう・・・
 日本中みたいですね。
 私がトップなら・・・ 
 付箋が付いてきた履歴書は後ろに回しますね。
 本当に優れていたら「付箋」はいらんでしょうに・・・

 まあ、それはさて置き。組織はすっきり「熊野市消防」として発足し、熊野市長がトップで、予算関係も南牟婁各町から必要で応分の負担金を払って貰って特別会計では無く熊野市の組織として動かしています。

 熊野市だけでも広いのに、旧南牟婁郡全域をカバーし分署ごとに人員や車両を配置しています。
 その下に「消防団」が配置されているのです。
 消防署員には応募はいくらでもあるのですが、消防団は過疎高齢化で人員不足になります。
 日本中、悩んでいることですけどね。
d0045383_21131663.jpg

 熊野市消防は「救急救命士」の制度が出来た時の対応も早かったです。
 救急へりも、和歌山県との協定もあり対応は早いほうでした。
 これも、医療僻地、医療体制の弱さがわかっていたからです。
 「ハイメディ」と言われる高規格救急車の購入も早かったです。
 このたび、それの更新がありましたが、恐ろしく高いものですよ。
 車両価格  1890万円
 救急資機材 1104万円
 それでも、これで人命が助かれば良いでしょう。
 この車・・・「緊急消防救援隊」の登録されたので、補助金は増えましたが、緊急時には大規模災害地へ出掛ける義務が出来ました。
 災害がダブらなければ良いのですが・・・
d0045383_21133169.jpg

 この車・・・
 恐ろしく重そうですね。
 ???
 走ることしか考えない人ですから・・・

 この辺では、道もカーブが多く、救急車でも40㎞/h位で走っていることが多いですけどね。

 
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
   

      
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2016-06-05 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23196987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 今日は6月議会の準備日      熊野の旅 町協事業 カブトムシ >>