LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 04日

熊野の旅 町協事業 カブトムシ

 選挙のある身なのですが、不思議なことは不思議、おかしいと思うことはおかしいと言います。
 「かしこくない」とも言われますけどね。
 でも、「議員」って、票集めだけじゃあないでしょう?

 今日に記事は一部の地域の一部の人には嫌われるのはわかっています。
 議会での予算審議でも取り上げたのですが、役所は地域要望だからって要求通りに予算を付けて執行します。
 市長も選挙がありますけどね。

 それが「カブトムシ養殖事業」・・・「カブトムシの森造り」とやらの事業です。
 村おこしでカブトムシを養殖、販売して事業化しようとか言うのでは無いと聞いています。
 小屋を建て、雑木を切り、カブトムシの幼虫を育て、小学生にあげるのだとか・・・
 夢がある???
 でも、数人の小学生のために何百万も掛けてこんな事業を何年もやるの???
 予算総額までは書きませんが、子ども一人あたりのカブトムシが一万円とかでは済まないようです。
 その十杯でも済まないかも・・・

 前に書いたように・・・
 こうした事業には「金があるなら・・・」というのが時々でてくるのです。
 ここだけではなく、自治体の事業そのものにも見られます。
 サミット関連などもそうですけどね。
 およそ関係ないところに花を飾って「歓迎サミット」と言ったり、「サミット協力ありがとうございました」なんて立派なポスターを作って三重県中に貼ったり・・・
 そんな無駄金も「波及効果に算入してるし・・・

 これなどは氷山の一角です。
 ほかの事業でも「地方創生」などの事業は、それの塊のようになって国費を食いつぶします。
 熊野で言えば「いこらい市限定割引商品券」「スーパーレインボー商品券」・・・
 「使わにゃ損!」どころか「使わにゃ叱られる!」ですからね。

 「熊野市で百万、二百万始末したって・・・」と言う声も聞きます。
 「無駄遣いする人にも票はあるんだぞ!」と言うのも聞こえてきます。
 でも、私も地方議員とは言え政治家の端くれです。
 「政治屋」にはなりたくないです。
 馬鹿なのも居て良いでしょう?
 2000自治体が200万始末してもたった40億円???

 田舎の集落に百万単位の金を垂れ流すなら、村祭りにでも注ぎ込む方がましでしょう。
 「宗教行事」には公金は使えませんが、「伝統芸能」「伝承行事」には使えます。
 神楽でも神輿でも「無形文化材」にしちゃえば違法性は消えます。
 少し考え方と流れを変えませんか?
 地味かも知れませんけどね。
d0045383_2228354.jpg


 
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
   

      
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2016-06-04 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23194814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野市消防 高規格救...      熊野の旅 町づくり協議会という... >>