LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 04日

熊野の旅 動脈バイパス手術 国道169号 2 奥瀞

 昨日は「叔母峰トンネル」でしたが、今日のはもう一箇所の大動脈バイパス手術です。
 車の流れに関しての影響はこちらの方が大きくなる可能性が大きいです。
 「トンネルは言われてみれば狭いけど・・・」と言うもので、普通車にとって確かに少し狭めで暗いですが、大型との大綱が不能というものでも無いのです。
 大型車の通行は年々減る一方・・・
 将来も産業車両が復活することはないでしょう。

 今日、取り上げるのは、昨年開通した169号線奥瀞区間で、未改修の北山村大沼から先の部分を全く違うルートで作るというものです。
 未改修の区間は急峻・切り立った崖の連続で斜面を切り取って広げるのが不可能に近いところです。
 この部分を橋で三重県側、熊野市小森に渡り、北山川の渓谷を避けて通ろうという作戦です。
 このルートだとあの崖には近づかずにすみますからね。
d0045383_21405773.jpg

 合理的ですが、以前の発想ではこうした変更はなかったでしょう。
 小森に関わる工区はたった3.4Kmみたいです。
 橋二本、短いトンネル二本と残りは開削でしょう。
 差ほど難工事では無いようです。

 これが出来れば169号線を使う京阪神の車は画期的に楽に速く本宮に行けるでしょう。
 そして、今でも「不動峠越え」が近道ですが、今の桑原から五郷桃崎経由神川ダムサイトへの169号線は走らなくなりますね。
 再び、169号線の経路変更かな?
 何しろ30年ほど前に突然169号線は桃崎で曲げられてダムサイト電源道路を使い、北山村経由宮井行きに変えられた経緯があるんです。
 そして。169だった五郷から飛鳥町佐田までは一応国道ですが309号線になったのです。
 経路変更して以降、和歌山県北山村村内などの改修は行われてきましたが、熊野市内ダムサイト部分などは手が付けられていません。
 和歌山県と奈良県との間には今般表面化したルートが話し合われてきたのでしょうね。
 今の両県には総務大臣や自民党の大物も居ます。
 以前は三重県の方に大物が居て、和歌山県・奈良県は道路など遅れているなんて言われたこともあるんです。
 やっぱり、力関係で変わるんでしょうね。
 「国家百年の計」なんて片隅に追いやられるのかも知れません。

 道がよくなり便利になるのと、地域のためになるのとは少し違う面もあります。
 そして、熊野・吉野の山地が開けるのでは無く、誰も気が付かないままに通過するところになるかも知れません。
 小森地区ではバイパスから集落に入れるようにはなる様です。
 隠れ里が剥き出しになる様な通り方では無いのかと思いますが、その「隠れ里」を生かす方法を考えれば、熊野市内で一番観光に向く土地になるかも知れませんね。
 湯ノ口より有利かも知れません。
 「奥瀞温泉」があるのですから、多分温泉も出るでしょう。
 今では少し有名になった、北山川が円形に流れる光景が見られる対岸までロープウエーを架ける???

 
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
   

      
熊野市周辺地図です
 


by je2luz | 2016-05-04 04:29 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23115726
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 八丁坂線・三重県道7...      熊野の旅 動脈バイパス手術 国... >>