人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 26日

熊野の旅 熊野市議会予定

 地方議会は通年議会にしたところ以外は、年に4回、「定例会」があり、3・6・9・12月が原則です。
 その間に、必要に当たって「臨時会」が召集されます。
 市長には「専決処分」という手法があり、議会を開かないで決済出来るのですが、なるべく独走を防ぐ意味で臨時会を開いて審議・議決します。
 九州のどこかの市長は定例会も開かないで「専決・専決」で自治省に叱られましたけどね。
 ここでも、交通事故の処理などで専決処分があります。
 後日、議会に出てくるのですが、「承認事項」になり、普通の議案ではありません。
 一応、「不承認」と言うこともあるのですが、事後処理になります。
 「臨時会」には議案審議のためのものの他に、「議会構成・議長・副議長選出」のためのもあります。
 議会の議長は法律では「任期4年」になっているのですが、多くの議会では一年で辞表を出して交代するような慣習があります。
 熊野市議会もそうなって居ます。
 かつては30人ほどの議員がいて、4年に一回だと中々正副議長になれないので、こうした面白い慣習が全国で定着しちゃったのでしょうね。

 今の熊野市議会は議員数14名です。
 議会の大きな役では、議長・副議長・監査役があります。
 他には常任委委員会の正副委員長、議事運営委員会正副委員長なんてのもありますけどね。
 大きなの3つでも一期4年間で12人分いるのです。
 ここまで議員が減ると、人数不足になって来ますね。
 そろそろ、二年交替にした方が良さそうです。
 私のように、「正副議長は自由に発言も出来ないからやりたくない」なんて変わり者もいますしね。
 原発のように大きな事が起きれば、議会の開会や休憩・休会の権限が大きく作用することもありますが、通常ではその権限を行使することもありませんしね。
 ???
 議長やっておかないと「勲章」が貰えないのかな?
 そんなの、私には似合いませんしね。
 私の信条では・・・
 「議員は自由に発言出来る身分を有する者だから、その自由は大切にする」と言うことです。
 それが、市民のためでもある訳です。
 報酬はそれに対するものだと解しています。
d0045383_1949028.jpg

 5月中頃に臨時会があり新議長と副議長が決まり、常任委員会の編成も決まります。
 今は常任委員会は二つになっているし、予算・決算は全員でやるようになっていますから、常任委員会もどこに居ても大差なくなっています。
 6月定例会は6月13日開会最終日が6月30日らしいです。
 「清流34号」はその後ですから。7月第1週くらいの発行ですね。
 何時もながら、6月議会の分の清流の配布は暑いです。
 夜中にポスト入れかな?
 でも、決して怪しい者ではありませんよ。
 それが証拠に今まで「職質」受けたことありません。

 追加ですが・・・
 5月中に私の所属する班が、「五郷町」と「井戸町松原」で「議員懇談会・語る会」を行います。
 日は未定ですが、時間は夜になります。
 この会は議会として動くので、個人的にはあまり発言出来ないようになっています。
 私の場合、うろつくことが多いですから、個人的なやりとりは私を掴まえて下さればお話し出来ると思います。

 
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
   

      
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2016-04-26 04:18 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23094834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 サミットねえ・・・      熊野の旅 鬼ヶ城東口 >>