LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 24日

熊野の旅 鯉のぼりと武者人形

 2日ほど前に「七里御浜鯉のぼり」について書きました。
 その時に、今の時代「五月人形・武者人形」が増えてきているのでしょう・・・と、書きましたが。熊野市文化交流センターへ行ったら、武者人形の飾り付けが始まっていました。
d0045383_22552286.jpg

 飾り付けを始めたところで、人形の入った箱が一杯ありました。
 この辺でもこんなに沢山の家が「武者人形」を飾るようになったのですね。
 いつの時代から「武者人形」「鎧甲」が全国的に普及したのでしょう?
 四国だったかのように鯉のぼりでは無く、「特製の幟」を揚げる町などは中々やめないでしょうけどね。
d0045383_231633.jpg

 こんなパンフレットを作って募集していました。
 こちらは、「文化交流センター」の事業です。
 5月1日~6月5日までだそうです。
 6月5日は月遅れの「端午の節句」です。
 「七里御浜こいのぼり」の方はステッカーの売り上げなどで行う、民間の自主事業です。

 昔は、鯉のぼりが無くても、武者人形が無くても「おさすり」と「ちまき」は作ったものです。
 「おさすり」は女性の象徴、「ちまき」は男性の象徴だそうです。
d0045383_2373973.jpg

 これが「おさすりの葉」です。
 「サルトリイバラ」と言うとげとげイバラの葉っぱです。
 柏餅みたいなものですが、できあがりが「おさすり」なんだそうです。
 「さすってみたいもの」だそうですが,なんでしょうね?

 あまーいアンコが入っているので蒸かしたてを食べると美味しいです。
 それに引き替え「ちまき」は中途半端な甘さで美味しい物ではありません。
 ちまきの方は「芦のこの葉」か「笹の葉」で巻いていました。
 中華の「おこわちまき」の方が美味しいです。

 今はこれを作る家は少ないのでしょうね。
 食べるのも「おさすり」ではなく「柏餅」の家が増えてきているのかも・・・
 この辺では「おさすり」も地元の饅頭屋さんが作っていますから、スーパーなどでも手に入りますね。
 これは蒸し器で蒸し直して熱々を食べた方が美味しいですよ。
 今の時期に熊野に来たら買って帰って蒸かし直して食べてみて下さい

 
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
   

      
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2016-04-24 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23090155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 鬼ヶ城東口      熊野の旅 これからの行事 >>