人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 18日

熊野の旅 覚えていますか? CCZ

 今から30年ほど前の話ですが…
 大物代議士の田村元さんの肝いりで、御浜町に降ってきた大きなプロジェクト…
 その名も「CCZ」
 正式には「Coastal Community Zone」…と言う物で、海岸をリゾート化しようという物です。
 御浜町阿田和の沖合に「人口リーフ」を造り、波を静かにし、浜を太らせ、海岸には公園やショッピングセンターやレストランも・・・
 で・・・
 作ったのです。
 今でも、海辺には「ヤシの木公園」があり、陸地には「ピネ」があります。
 「リス公園」が消え、「起請の森公園」?は誰も行かなくなっては居ますが、立派な歩道橋は先頃補修されましたね。
 でも、一時期ちょっと膨れた海岸も痩せているのは、沖合の人口リーフが捌けちゃった?
 もともと、木本海岸の潜堤とは目的が違い、大きな岩を放り込んだだけの物で、すぐからごろごろ転げて熊野の方まで来たそうですからね。
d0045383_20383063.jpg

 昨日は海も少し荒れ気味で、濁っていましたが、近年ではここで遊ぶ人も居ませんね。
 以前は夏にここに「海水プール」を開設し、最初の頃は「鯛」まで泳がしていました。
 御浜町にもその頃は今より子供も居たし、新宮からも来ていたようですが、砂利浜を掘ってシートでプールを作るのですから、結構コストも掛かるし…
 だいぶ前にやめたように思います。
d0045383_20425250.jpg

 この「ヤシの木公園」は音楽イベントなどやって居ますね。
 熊野の獅子岩脇の音楽イベントは場所替えしたのかな?
 「ピネ」とこの公園は少しずれているのはどうしてなのかな?
 ちょっと不思議な設計ですね。
 ここの階段にはポット場の部分があり、「浜木綿」が植わっていたのですが、長い年月でみんな無くなり、セメントで埋められて居ます。

 国庫プロジェクトでも、こうして放棄されるのです。
 でも、これはまだ綺麗に残されていますね。
 ヤシの木は何とか育ちますが、阿田和も「松」は枯れるだけで上手く育てられません。
 こんなに独立して経っていても台風に耐えるんです。
 でも、枝が無いから「防風林」にはなりませんね。
 今流行りの「フラ」のダンサー達はここで踊らないのかな?
 余談ですが・・・
 ポリネシアでは「太っている方が男前・別嬪」だそうですね。

 ヤシの木なら育ちそうだからって、花の窟・獅子岩の前に植えないで下さいね。
 日本政府は明治の時に「カイウラニ」さんの亡命を断ったのだとか・・・

 今、「CCZ」を検索すると、御浜町では無く石川の方のが出て来ます。
 リゾートとして機能しているのかな? 

 
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
     

      
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2016-04-18 08:45 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23074432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 観光立市 熊野市民は...      熊野の旅 こぢんまりした展示場 >>