LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 02日

熊野の旅 平成28年度

 役所的には平成28年に入りました。
 もう、慣れましたが、暦年度と役所・会社の年度が違うのは,子供の時には不思議でした。
 そして、日本では当たり前の「4月新学年」が世界では継子だというのも知って戸惑いました。
 少し前に書いたように、太陽の復活。「冬至の明くる日」が新年で無いのも不思議です。
 まあ、暦なんてとこの施政者によって変えられてきたのですから、そんなの気にする方が悪いんですね。
 カエサルが暦に二つの月を挿入したので今の12ヶ月になったのだとか・・・
 7月の「ジュライ」は「ジュリアス・シーザー」、8月の「オーガスト」は「オーガスタス」だとか・・・
 そもそも、指が両手合わせても10本しか無いのに12進法なんておかしなのを使い出したり・・・
 コンピューターは牛のように二本しか指が無いらしく二進法だし・・・
 16進法はタコか火星人か???

 役所では1日金曜日に新しい部署に新しい課長や係が座っていました。
 そして、他所の役所からも挨拶らしく見慣れない人も・・・
 嘱託で懐かしい顔が帰ってきて座っていたり・・・
 でも、一日で土日です。
 休み明けから本格的に動き出すのでしょうね。
 仕事だけでは無く,違う部門でも新年度に備えた動きがあるのかな?

 新年度で新規配属なった人が職場に慣れるまで少し掛かりますね。
 提起配転で生まれて初めての部署で偉いさんをしなくては成らないこともあります。
 でも、「慣れていませんから」なんてことを言って良いのは6月議会まででしょう。
 昔と違い、二年から三年で移動するのなら、それ位で慣れて職務をこなさないと困りますよね。
 と、言うことで・・・
 毎年なのですが「定期配転」の中には,首をひねるようなのも出て来ます。
 そこまでした動かさないといけないものなのでしょうかね?
 民間人の私から見ると不合理なんですけど・・・

 「下の意見もどんどん取り入れる・・・」と、トップも言ったのですから、大丈夫???
 だと思いますか?
 思いたいですね。
 信じますか?
 信じたいですね。
 私はどちらかというと、「性善説派」なんです。

 平成28年度当初予算・・・
 読み直していると、腹が立つことも結構ありますね。
 これに目を通す人って、18000人の中で何人居るのでしょう?
 職員だって自分の部署以外はほとんど読みませんからね。
 千円単位で一般会計だけで130億円ですから・・・
 そして、これを読むから文句も一杯言うのです。
 でも、読むやつが居て文句を言うから少しは変わって行くのです。
d0045383_21191914.jpg

 予算書では読めないもの・・・
 平成27年の花火・・・
 赤字だったと思うのですが・・・
 その処理をどうするのでしょう?
 観光協会だけに押しつけるの???

 
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
     

      
熊野市周辺地図です
 
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
     

by je2luz | 2016-04-02 04:32 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23030661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 済州と波田須 秦の徐福      熊野の旅 卯月 春?夏? 行事色々 >>