人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 19日

熊野の旅 連休ですか? お彼岸??

 議会で真面目に日を送っていましたが、この週末って、連休なんですね。
 「お彼岸」「春分の日」・・・
 この春分の日って随分動いて来ちゃったように思います。
 3月20日ですよね。
 23日が普通だったように思います。
 こんなにずれてきて、大丈夫なのでしょうかね?
 この日は天文学上の時間で決まりますよね。
 と言うことは、昔より今の方が早く春分点に到達しているって事ですよね。
 ならば・・・
 お正月だってずらさないといけないのでは?
 冬至だってずれているし・・・
 「閏秒」の挿入をやるの止めるのってレベルじゃあ無いように思えます。
 まあ、心配したって仕方ないですけどね。
 何年か先に、突然国際会議で問題化するでしょう。
 これって「杞憂」???

 この連休、私はイベントなど把握して居ません。
 「お彼岸」だから墓参りがあるし、イベントを自粛するなんて国では無いように思えますけどね。
 熊野だけでは無く、日本中でお墓が無縁化したり、空き地化したりしています。
 少し前まで、田舎でも、お墓を確保するのが大変だったのです。
 山際の共同墓地ではどんどん上の方まで「開墾」ではなく「造成」されて墓が増えたのですけどね。
 今では墓石も片付けられ、「更地」??になったのが目立ちます。
 空き家は中々取り壊されないけど、さすがに、お墓は放置しにくいのでしょうかね。
 大きな墓石を持っても行けず・・・都会の墓地では「持ち込み禁止」もあるとか・・・

 「墓」が無くなると言うことは、その一家はその土地とは完全に縁が切れると言うことでしょうね。
 当然、お寺とも縁も切れますしね。
 今では、どこのお寺にも所属しない人が増えていますね。
 近代の日本仏教界の無力化がこれを招いたのか、人々が無宗教化したのか・・・どっちが先なのでしょう?
 これが変な新興宗教が跋扈する要因なのかも・・・

 こんな事書いても、さすがにお墓の写真は載せにくいです。
 でも、墓地を見渡すとびっくりしますよ。
 町中に空き地が増えたのと同じように墓地にも空き地が・・・
 そして、その更地は使われることないのです。
 墓地は課税されないけど、空き地の宅地は軽減処置が無くなり固定資産税が上がります。
 売れなくても評価は下がりません。
 税務課に聞いても、このもの凄く高い評価は熊野市独自の判断で下げるのは難しいかも…とか
 そして、物納は困るとか・・・
 これも、国の制度を抜本的に見直さないと田舎はやって行けません。
 でも、人口が集中し続ける東京圏に暮らすお役人には分からないでしょうね。 
 「地方創生」も少し感覚のズレを感じます。

 「彼岸」には「ぼたもち」なんですが、近年は食べたこと無いです。
 「ぼたもち」が口に入るのは「山の神」の時だけです。
 わざわざ作る物でも無いし、買ってまで食べる気もしないし・・・
 なんて人間が増えるので「伝統行事」が消えて行くのですね。
d0045383_2333265.jpg



熊野市周辺地図です
 
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
     

by je2luz | 2016-03-19 04:30 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22989931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 もうすぐ完成 津浪避...      熊野の旅 清流33号編纂へ 市... >>