LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 17日

熊野の旅 文化財・伝統芸能

 田舎では色んな物が消えて行きます。
 「言葉」も消えて行きます。
 「行事」も消えて行きます。
 「人」も「集落」も消えて行きます。
 学者や有識者から見ればたいしたことの無いものでも、それぞれがその土地で育まれた物で、代わりの無い物なのです。
 でも、保護のしようも無く消えるのです。
 記録も残されないことが多いです。
 私も多くの写真は撮って居ますが、そんな視点では撮ってきていません。
 折に触れて撮るスナップ写真ですからね。

 こうした物を扱う部署って、教育委員会と言うことが多いです。
 「文化財指定」なんてのはそこですからね。
 でも、ここのシステムではその分野を守る事はちょっと難しいです。
 熊野市のような小さな町では「博物館」などあるわけも無し、当然「学芸員」なんて居ませんね。
 「文化交流センター」「図書館」・・・
 そこなら、定期異動など無しでへそ曲がりを据え置けるのかな?
 「郷土史」「民俗学」なんて好きな人間って、変人・へそ曲がりが多いなんて言えば叱られるかな?
 でも、世の中に適合して社会で普通に生きていると、趣味や片手間でしか変なこと勉強し続けられないでしょう。
 大学なんてところには不思議な人種が暮らしていますけど・・・

 今までは、学校の先生とかでこうした部門が好きで、知識をため込んだ人も居ますが、段々その数も減ってきたようです。
 この先どうする?
 そんな予算なんて見当たらないし・・・
 つけるなんて夢にも思わないのが行政みたいだし・・・
 他所から来る「地域協力隊」なんてのには国の金が使えるので、一杯雇うけど・・・
 これ以上消えると何も無くなるかも・・・
d0045383_2320381.jpg

 世界遺産も大事だけど、熊野には熊野の遺産がありますよね。
 ふるさと納税のメニューに加えたら少しは賛同得られるかな?
 ???
 他所に出た熊野人の賛同の前に熊野市役所の賛同得ないと駄目ですね。
 イベントは空きでも古い、田舎くさいのは駄目なのかな?
 なにしろ。「株式会社熊野市役所」なんだそうですからね。


熊野市周辺地図です
 
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
     

by je2luz | 2016-03-17 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22984001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 清流33号編纂へ 市...      熊野の旅 こんな大店が並んでた >>