人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 13日

熊野の旅 今日は紀南病院内覧会 明日から予算審査

 今日の午後は紀南病院、新本館の完成前内覧会です。
 東洋ゴムの免震ゴムのデータ改ざん事件のアオリで4ヶ月ほど遅れました。
 こんな田舎でも色んな種類の事件に関係することがありますね。
 フェリーの座礁、猟銃発砲立てこもり、年金・詐欺保護義務違反、虐待、オレオレ詐欺被害者も加害者も、誘拐、公文書偽造・・・
 古くは色んな海難事故、神武天皇も秦の徐福も遭難したとか…

 月曜日からは議案の審議に入ります。
 平成28年度予算があるので、時間もそこそこ掛かるでしょう。
 今年も昨年同様、「地方創生事業」に関しては集中審議します。
 細かい事業の寄せ集めですが、役所のやり方のままだと、細かい事業が各課に渡るので、予算書でもあちこちバラバラに登場し、発見も難しくなるのです。
 去年もこれを纏めて貰い、それに基づいて「集中審議」しました。
 ・・・と、言っても、「地方創生事業予算」は27年度補正予算に計上されそっくり繰り越し明居になるものだったのです。
 そして、これを集中審議しながら、最大の懸案の「芝園」「志原尻」の津浪避難タワーと「有馬第一公民館」の津波避難用外部階段の消された予算の復活をさせるように圧力を掛けたのです。
 その結果、一日目では「復活は無い」・・・二日目には「六月補正で・・・三日目くらいで「この議会の追加議案で・・・」に持っていったのです。
 その間、とりたてて当局に直の圧力は掛けませんでした。
 ひたすら、27年度補正予算を慎重審議していたのです。
 当初予算に入ってしまうと、この三つの予算が計上されていないことで紛糾し、場合によっては当初予算が成立しないなんて可能性を示したのです。
 議員間での話し合いなどしていませんが、かなりの議員の暗黙の了解でしたね。
 でも、当初予算を飛ばすと、熊野市レベルでは「暫定予算」を数日で作成、議決することは不可能なので、新年度の役所が動かないという事態になる公算が大きいのです。
 それでも、住民の命が最優先と言うことで議員も行動するし、市民も生命軽視に対する怒りが高まったのです。
 実に静かな議会のまま、静かな熊野市のままでしたが、本当は大変な状況だったわけです。
 民意が通れば、静かなままの方が良いのです。
 騒げば、マスコミも騒ぐし、格好良い議会に見えるのですが、私の目的はそんな所にはありません。
 
 今年は去年のような大きな問題点は無いと思うのですが、細かく見れば少しはあります。
 しかし、予算の流れも少し「市民本位」にはなって居ます。
 「防災公園野球場」はやめる気も無いし、最早止められない状況ですね。
 折しも「熊野市長杯・ソフトボール大会」が行われていて、他所の大学の女の子などが来ているようです。
 四階の関連部署は空っぽですね。
 こんなイベントが年中あるので、あそこの部署は非常勤を含めて大勢配属されています。
 不思議な町です。

 目玉の「地域協力隊」も。そろそろ、他所の若い衆に飽きられたのか定員割れ???
 三大都市圏の子だと月給15万円だけど三年まではやっとって貰えるのです。
 この事業・・・最初はテストケースで熊野市が採用されたのですが、今では全国ですからね。
 私には実態のわからない事業です。

 そんなのを含め予算書には「付箋」が一杯貼ってあります。、
d0045383_21303691.jpg



熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2016-03-13 04:26 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22971974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 紀南病院竣工間近 1      震災2日前 一般質問 熊野原発 >>