人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 06日

熊野の旅 関係多い他所のインター 尾鷲南インターチェンジ

 「熊野尾鷲道路」は国土交通省直轄の自動車専用道路です。
 元は公団の「高速道路紀勢線」が南下してくるはずだったのですが、何時までたっても出来そうに無いと言う事で、三重県二区選出で建設・運輸族、最後は衆議院議長まで上り詰めた田村元さんが、ここを国の直轄事業にしちゃったのです。
 当初は有料道路構想もあったのですが、無料区間になり、着工も早まるしありがたい?事になったのです。
 この辺りの経緯を知る人も減ってしまったようですね。
 田村さん・・・自慢してました。

 紀北町から鷲毛峠をトンネルで抜けて尾鷲に入ったのですが、尾鷲市が反対したので、尾鷲市内を未着工のままで尾鷲の出口から熊野市までの区間が着工し完成したのです。
 ここを作る時に田村さんが使った口実?は・・・
 国道42号線、尾鷲熊野間は山を登り熊野市飛鳥町大又ー小坂経由で佐田坂を下り大泊で再び海岸に出ます。
 この尾鷲の南谷から飛鳥辺りは本州一とも言われる豪雨地帯です。
 更にいつも書きますように冬になると海岸線との温度差が5℃から7℃もある厳寒地域にもなります。
 「夏は雨、冬は雪と凍結で交通止めになることが年に何回もある」と言うことで「バイパスが必要」としたのです。
 だから、ルートは海側の斜面を通っています。
 尾鷲ー三木里ー賀田ー新鹿ー大泊・・・なのです。

 この尾鷲市内を飛んだ熊野側のインターチェンジが「尾鷲南」です。
 この「尾鷲南」と「尾鷲北」を結ぶルートが着工されました。
 これが結ばれれば熊野市から全国の主要都市まで全部高速道路で行けるようになります。
 東京まででも仙台まででもひたすら高速を走れば良いのです。
 味気ないですがね。

 この様になれば尾鷲は完全な通過地点化します。
 だから尾鷲が反対したのですが抗しきれませんからゴーサインを出したのでしょう。
 もう、本線延長の橋脚に取りかかっています。
d0045383_23552057.jpg

 向かう先は「石切場」です。
 もの凄い崖場に切り取っていたのが修景されています。
 賀田もそうですがこの高速って「石切場」を通りたがるんですね。
 偶然なんでしょうけど・・・
 事業所を潰すと山林よりは高いのでは???

 「尾鷲南インターチェンジ」はよその町のですが、熊野市にとって関係の深いものでもあります。
 私など熊野中心部や南牟婁郡の住民がこれからも税務署へ行ったりする時はここで降ります。
 他には「コメダ」があるくらいで、もうNTTもないし病院も紀南病院の方が近いし尾鷲に用事はあまりないですね。
 でも、市内でも飛鳥・五郷の人は「大泊インターチェンジ」では無く「尾鷲南インターチェンジ」の方が便利なのです。
 ここで問題が起きました。
 「尾鷲南インターチェンジ」は片肺インターなのです。
 どうやら今のままでは、国道・矢ノ川越え下車は北向きには乗れないようです。
 そう遠くは無いとは言え「尾鷲北インターチェンジ」まで走らなくてはならないのです。
 他所のことでもあり、私が子このことを知ったのは最近でした。
 一応、飛鳥地区からの要望書を作って出して貰ったのですが、着工しちゃったし、今の道路の位置や高さでは北向き入り口は金が掛かりそうです。
 何しろ「石切場」の切り立った壁に向かって本線が突っ込んで行くようですからね。
d0045383_055186.jpg

 高速道路が熊野市のどこを通るかを熊野市長が知らなかった(本当かいな?)と言うくらいですから、隣町のインターなど、関係があっても庶民が知るはずも無いですよね。
 「熊野大泊インターチェンジ」も片肺なのですが、これは市内なので先頃の説明会の図面でわかりました。
 大泊は場所が足りないから???

 熊野市も高速が延伸すれば通過地点化します。
 あと5年くらいで久生屋まで出来るかな?
 久生屋・金山は「熊野インターチェンジ」になるとか・・・
 尚更、他所の人は「熊野大泊」では降りなくなりそうです。

    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2016-03-06 04:15 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22951016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 月例 広報くまの3月号       熊野の旅 一般質問2 もう少し... >>