人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 05日

熊野の旅 一般質問2 もう少し市民を見てよ!

 一般質問の第二項目目も何度でも要求し続けることです。
 役所というものは大きな組織・・・
 組織というものは自らを守る事に最大の関心を持ちます。
 憲法、自治法、公務員法などに何と書いてあろうと、おかしな事に、国民、住民より組織が大事なのです。
 かつての軍隊が、国、国民より軍の体制と体面を大事にしたのも同じ様な根っこなのでしょう。
 熊野市のように小さくて、市民の顔が見えるはずのところでもややもすると住民を見なくなるのです。
 不思議ですねえ・・・
 専用の部屋に立てこもる立場の人だけでは無く、一杯市民と接するはずの人もそうなりがちなんです。
 この問題も、「意識」の問題です。
 だから。「見解の相違」と言われるのかも知れませんけどね。
 市民も地元の業者をも見ない体質では、私達庶民は救われません。

2.行政の関心をもう少し地域、集落そして一般市民に向けて欲しい
 行政というものはややもすると自己中心的、保身的になるものです。
 自分たちが企画したり関与するものは熱心になれても、それから外れたものには興味を示さないことも多いです。
 今や周辺部では消滅が予想される集落が増えています。
 集落の行事の維持もままならず、そうしたことが消えて行くことで住民の触れ合いも減り、家々が孤立して行く傾向にあります。
 永遠に維持するなんて不可能ですが、せめて、今生きている市民が楽しく暮らせるような、きめ細かい目配りがのぞまれます。
 広報誌も官製イベントの宣伝と「ありました記事」が多く、地域・伝統行事などの予告が極度に少なく、行政の体質を表しているように感じられます。
1.地域の伝統的な行事などはどの程度把握されているのでしょうか?
2.地域行事に対し、「イベント」ほどでなくても。人員の派遣、手助けなど出来ないものなのでしょうか?
3.以前にもお願いしたのに実現していないのですが、各種行事の予定カレンダーのようなページを広報誌に作れないのでしょうか? 少しでも参加者、見物人が来れば地域の張り合いにもなると思われます。
4.盆踊り、神楽などを広く文化財・郷土芸能ととらえて、保護や記録保存をして頂きたいと思いなすが、現状と見込みはいかがなものでしょうか?
5.子供達をそうした行事などに積極的に参加させる教育は出来ないのでしょうか?知識の詰め込みはどんな時間にでも出来ますが、こうした体験はその時しか出来ません。
d0045383_224322100.jpg

 これは天理教南紀大教会の入り口脇にある「代官松」の切り株です。
 私が最初に議員になった頃に、古木の松が枯れました。
 江戸時代、「奥熊野代官所」がここにあり、そこに植わった居たので、代官所が無くなっても「代官松」と呼ばれてきました。
 この場所には「木本小学校」が置かれ、入って左が講堂だったかな?
 戦後になり今の校舎を建てる時、お金が無かったのでしょうね、この辺りを天理教さんに売り渡したのです。
 一段低い部分に校舎と校庭があるのですが、千名を越す児童が居る学校にしては手狭なのです。
 ???
 もの凄く先を読んで、児童数100名ほどの今の時代に合わせたのかな?
 まさか!
 これが「鬼の元浦」「木本」の証人かも知れません。
 で・・・
 「奥熊野代官所」のお代官様ってどうだったのでしょう?
 しょうも無い喧嘩の仲裁までしてくれたようですし、「村替え」では住民の声を聞き届けてくれたり・・・
 吉田大明神になれとは言いませんけどね。

    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2016-03-05 04:31 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22947592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 関係多い他所のインタ...      熊野の旅 くじ運悪し! 一般質問 >>