人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 04日

熊野の旅 くじ運悪し! 一般質問

 前回の一般質問、くじを引いたのが8人で引いたくじが8番・・・最悪でした。
 そして今回・・・くじを引いたのが5人で引いたくじが5蕃・・・くじを引きに行くんじゃ無かった。
 くじを引かなければ後になるだけですから、5人で5蕃なら・・・
 質問者は7名です。
 登壇予想は・・・
 3月11日金曜日午前9時もしくは10時からです。
 代表質問10日に一本ありますから、時間が読みにくいのですが。ゆっくりやっても2日でこなせますから初日10日にねじ込むことは無いはずです。
 実況中継はいつも通りCATVとNETでやります。

 今回は今話題の件を取り上げる議員が続出しました。
 私は検察の対応も出て居ない段階で「一般質問」しても、回答拒否に近いのはどの事件でも同じですし、今回はやるつもりはありません。
 ちらりと、対応に皮肉を言い、釘を刺すにとどめます。
 それで無くても、一般の職員まで萎縮気味ですからね。
 悪くない職員まで萎縮させては市民の得にはなりません。
 どのように働いて貰えるようにするか・・・
 市長でも無い身ですが頭を悩ましています。
 「行政は市民のため」ですからね。
 悪いところだけ正せばいいわけです。
 でも、その匙加減が・・・
 「尻尾切り」は一番いけません。

 質問は二つ
1.市民のための人材の確保と育成を・・・
 「企業は人なり」と言う松下幸之助さんの言葉がありますが、市役所や各種関連団体なども同様だと思います。
これから先は人口減少により市役所も人員削減が要求されてくると思われます。
しかし、それ以前に「非常勤職員」と言う名の不安定立場の人が市の行政を担う部分が多くなっています。コスト面ではメリットもあるのでしょうが、職場の士気や郷土愛というような面ではデメリットを生じているのでは無いでしょうか?
定期異動的な人事による人材配置の歪みもあるように思えます。
職員採用、配置などは市長の専任事項と言われますから、細かくは口を挟みませんが、「行政は市民のため」という原則に基づいた運用を求めたいと思います。
1.正職員と非常勤職員の比率を見直すことは出来ないのか?
2.採用に当たって多様な人材の確保に努めて欲しい。
3.入所後の職員の教育・育成は行政事務処理能力の向上だけでは無く、世間全般、「博学」「雑学」を身につけさせることが役立つこともあると思いませんか。
4.外部の部分もありますが、介護や福祉などの部分でも積極的に確保と育成を図って頂きたいと思います。
5.庁舎全体で部署にかかわらず自由に発言や提案が出来る雰囲気を作ることが、規則で縛ることより大切なのでは無いでしょうか?

 と言うことで、今の役所はかなり窮屈な体質になってしまっています。
 意識改革しないと駄目だと思います。
 トップの意識が変わりそうに無いのですが、言い続ければ少しは変わるでしょう。
 そして、市民の方も分かってくれると信じています。
 ここは将軍様の国じゃ無いんです。
 職員さんもみんな近所のお兄ちゃんなんです。
 人口も「村」クラスなんです。
 市民も職員も市長も一緒に考えられる市を作りたいですね。
 又々、理想論です。
d0045383_23234237.jpg


    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2016-03-04 04:18 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22944285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 一般質問2 もう少し...      わからんから聞くんだけど、聞い... >>