人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 02日

再浮上しなくて幸いかな? 記念通り電線地中化

 昨年秋には建設課の方で「やりたい」と言っていた、電線地中化の記念通り全線への延伸計画は予算書には見当たりません。
 亀齢橋から万町までの区間で4年ほど掛かり、その間、お店や通学者に迷惑を掛け、「駅前が発展する」と言う説明とは逆にその間にお店がどんどん閉店して行くのです。
 この先、5年・10年・・・確実に閉店する店もあります。
 今の区間の工期は3月末が限度です。
 「繰り越し明許」などと言う遅刻届を出し続けて限界まで来ているのです。
 これを越えると学校なら「退学」ですからね。

 私は一貫してこの工事を「無駄」と指摘してきましたし、この工事の実態を知って市民の方々もほとんど反対しています。
 木本高校の生徒さん以外歩く人が居なくなっている記念通りの電線・電柱を無くしてどうなるという物ではありません。
 500万円とかの話なら、「眺めが良くなるか・・・」と言うこともありますが、億単位の金を掛けやる仕事じゃあ無いでしょう。
 この工事を再浮上させ、国の認可を貰って着工し完成するには5年以上かかります。
 今営業している記念通りのお店でその頃から先まで残る見込みのあるのは???
 木本小学校でさえ一学年20人も確保出来ず統合への道を歩んでいます。
 公金の他に関電・NTT・ZTVなど空中線を埋設する工事をやらなくてはならないのです。
 経済効果???
 土木事業はありますが、他には???
 防災??? 大して意味は無いです。
 避難経路の看板表示すら予算を付けない熊野市が言う事じゃあ無いでしょう。
d0045383_22104063.jpg

 市民の反対意向を察したのでしょうか?
 出て来ていませんから良かったと思われます。

 「防災公園と言う名の野球場」は続行していますけどね。
 「屋内練習場兼雨風防ぎ用建物」が出来るのかな?
 強風に耐える構造になっているのでしょうね?
 あの頂きは想像を絶する風が吹くはずですが・・・
 そこまで立ち入れないのが議会の宿命です。
 「大丈夫です」と言われたらそれまで・・・
 将来ぶっ飛んでも誰も責任を問われないのが役所です。
 「想定外」・・・良い言葉ですね。
d0045383_22144162.jpg

    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2016-03-02 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22937128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< わからんから聞くんだけど、聞い...      熊野の旅 まだ「予算案」ですが... >>