LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 21日

熊野の旅 年度末が近づきます

 個人の年末は12月・・・お役所関係は3月・・・
 ずれていますが、お役所の年度末が近づいています。
 役所の年度末には二段階あって、普通の年度末の他に「会計閉鎖」という支払いの期日もあるのです。
 締め切り即、支払い期日では困るのは民間も同様で、「20日締めの月末払い」なんてやってますね。
 それで、5月に支払いを含めて会計を締め切るのです。
 工事などは基本的には3月末までに引き渡しと完成検査、だめ出し手直しを終えるのが建前です。
 でも、この締め日を有効利用?して、延期を認めたりします。
 何かがあって、どうしても出来上がらないと言う事情なら解りよいのですが、理解出来ない延期が近年見られます。
 何度かここにも載せましたけどね。

 年度末になってくると、建設現場が慌ただしくなります。
 何だか私達の確定申告みたいです。
 どう言う訳か、こうした動きが恒例化していますね。
 昔は年度末近くに予算使い切り工事が発注されて混乱したなんてありましたが、今はそうでも無いのに・・・
 災害復旧などから、資材不足・労働者不足も言われますね。
 それ以外に「現場を誤認している」?と思えることもあります。
 あと一ヶ月・・・
 余裕のある現場や無さそうな現場・・・
 役所の方では果たして解っているのやら・・・
 他の件でそれどころじゃ無いのやら・・・

 公共事業には地元のために役立つものと、迷惑だけ掛かるような物とがあります。
 地元の理解が得られないままに進行して立ち止まることもあるようです。
 「大丈夫かいな?」・・・と、役所に言っても、意に介さないで日にちが経つ例もあります。
 多少たりとも地元と関わりのある人間から見て「大丈夫かいな?」と、言っても・・・
 写真を載せるのもはばかられることもあります。
 どう見ても、担当部署の不熱心さが原因なのですけどねえ…
 完成検査までは知らんと言うことなのか、何度となく問題にしても、現場で役人の姿をほとんど見ないのはどうしてでしょう?
 作ってはならない書類を作るのに頭を取られた?
 まさか、「完成日」も日付変更???
 「期日」は何度も書き換えましたね。

 議員って「権限」はありませんからね。
 人事権も市長にあるし・・・
 不法行為以外は向こうに聞く気が無いと進みません。
 そんな体質にいつの間になっちゃったのでしょう???
 役人って、本来は「市民のため」に働くものなんですよ。
 現場の職員が頑張ろうにも、上が理解してやらないと駄目なんですけどね。
 理解しないのか、理解出来ないのか。それとも、裸の王様で下が見えないのか???
d0045383_2292684.jpg

 市役所界隈も空き地が増えて見通しが良くなりましたね。
 店が減り、人が減り、電信柱も減るそうです。
 長い年月と巨費を掛ける目的は???
 昔、社会で習いました・・・
 国などは「出るを図る」ものだとか・・・
 だから、こうしたことにも金を使えるのでしょう。

 良くなったこと?
 歩道を切り下げたので、歩道上が駐車しよくなったことかな?
 これも早くに指摘したことなんですけどね。
 いやいや・・・
 ドライバーが悪いんですね。
 「設計は悪くないんです。 悪いのは理解しない熊野市民なのです。」
 そう言いたいのかな?
 私はその悪い方なので予測も出来るのでしょう・・・

    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2016-02-21 04:28 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22903795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 ここに何があった?      熊野の旅 居なくなった虫たち 2 >>