LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 25日

熊野の旅 熊野の誇り 餅ほり文化

 この地方では「餅ほり文化」と言える物があります。
 各地にもあるとは思いますが、熊野市はどこにも負けないでしょう。

 祭・初午・七五三・建前・厄払い・落成記念・晋山式・イベント・・・
 人が集まれば「餅撒き・餅ほり」・・・
 人を集める目玉に「餅撒き・餅ほり」・・・
 祭も村祭りから庚申様、地蔵さん、稲荷さん、天神さん、弁天さんなんでも「餅撒き・餅ほり」です。
 個人の家の建て前(棟上げ)は少し減ったようですが、校舎などの落成となると大変な量が用意されますね。
 七五三や厄払いとなると、『神社やお寺で撒くだけでは無く自宅でも・・・なんて家があります。
 そして、こうした餅撒きのニュースに関しては、実に皆さんよく知っています。
 「何日・何時・どこどこ」・・・
 町内は勿論、沢山撒かれるような大がかりなものは市内一円のを知っているなんて人も居ますね。
d0045383_0562964.jpg

 朔日、私は金山の「地蔵さんの餅ほり」に行ってきました。
 三時からと言うのを二時半がろ場所を探していると・・・
、数台の軽トラが止まっていて丘の上に段ボールが・・・
 「地蔵さんここかえ?」と声を掛けたら・・・
 「そうじゃで!」
 「来てくれたんかえ!」
 と、歓迎してくれました。
d0045383_057518.jpg

 それから、徐々に人が集まってきました。
 七五三の家と厄年の家が撒くようです。
 撒き手も何軒もあるし、拾い手の方は始める時には120人ほどのなっていました。
 金山は新しい家もあるので、集まってくるご婦人が木本より若いですね。
 長年続いている行事なので、拾い手も上手に固まっているし、撒き手も上手らしく、皆さん沢山拾っていて、スカの人は居ません。
 
 拾うのは競争で・・・
 「こっちへ放って!」 などと賑やかです。
 それでも、立ち上がって人を踏みつける人も居ないし、終われば・・・
 「あんた、ようけ拾うたのう!」
 「上手いもんじゃろ!」
 などと、和気あいあいです。
d0045383_0573761.jpg

 他所からお嫁に来た人は最初恥ずかしいようです。
 何しろ、「撒いたものを拾う」のですからね。
 でも、拾い始めると夢中になっちゃうのです。
 そして、そのうちに「餅ほり」と聞くと血が騒ぐようになる様です。
 そうなると、「本物の熊野の女」になった証です。

 近年では役所の主催するイベントでも「人寄せ」に餅撒きをやることが多いのです。
 確かにその時間には人が集まってきます。
 それを持って「イベント成功」と言うのもねえ・・・

 これほど、熊野では餅ほりが生活に密着してきたのです。
 色んな習慣が消えて行きますが、せめてこれは残したいですね。
 「無形文化財」ですよね。
 地域の和を保ちますからね。

    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2016-01-25 04:21 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22812236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野の誇り 丸干し文化      熊野の旅 熊野市の名所・名勝... >>