LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 12日

熊野の旅 産田神社 観光地向きじゃないかな?

 熊野三山は、本宮・速玉・那智になります。
 日本書紀によると、その三山よりは遙かに古く、神世の時代からと伝えられるのが、「花の窟神社」であり、その元となる「産田神社」です。
 あちこちの有名神社には、それぞれ謂われ、伝説、神話があるものです。
 伊勢神宮では、丹後の国「籠神社・このじんじゃ」に始まり、「天照大神」のやすらぐ場所を探して、「ヤマト姫」が畿内を通り南下を続け、「滝原宮」の次にやって来たのが「伊勢の地」だったという、壮大な物語があるようです。
 その「元伊勢」籠神社」から「伊勢神宮」までのヤマト姫の旅は、大和朝廷が国を平定して行く家庭に符合するとか・・・

          丹後国・元伊勢・籠神社
 私はこの元伊勢はお参りしたことがあります。
 天橋立の付け根に位置する、大きな神社でした。
 立派な鳥居に立派な社殿・・・
 でも、元来神が居られたのはどう見ても右上の小高い山の辺りのようです。
 今は祠も何も無いのですが、何かがありそうな場所があります。
 この神宮の移動に関してはネットでも色々書かれています。

 日本中に神社が有り、古いものは沢山あるようです。
 私などからすると、神社の祭神は古い大和言葉のものが多く読むことも出来ません。
 産田神社・花の窟神社の伊弉諾・伊弉冉でも普通には読めないでしょう。

 こんな日本の神話と神々なので、立派な社殿とかのある所は、参る?見物する?人には解りよいです。
 平安神宮・熱田神社・出雲大社・住吉神社なんて格好付いていますね。
 新しい明治神宮、靖国神社でさえ、厳かな雰囲気に出来ています。
 だから、お賽銭あげてかしわ手打って・・・
 神様側が格好付いていると、参る側も格好付くのでしょう。
d0045383_1431569.jpg

          奥熊野・有馬・産田神社
 こんな観点からすると、熊野市にある由緒ある?『産田神社』『花の窟神社』は古代信仰に近いので、格好付いていません。
 「花の窟神社」は国道のそばに位置しているし、駐車場・看板・トイレもあるので、観光バスや一般観光客が立ち寄ります。
 「産田神社」は国道から離れているし。道も少し狭いし、駐車場も少ないし、案内掲示もほとんど無いし・・・
 

    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2016-01-12 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22764900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 日本国と神社 1      熊野の旅 熊野市新春駅伝 参加... >>