LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 03日

熊野の旅 正月なのに品切れ? サイレの丸干し

 明日は正月三日
 熊野市は成人式です。
 そして、一般の帰省客は今日から帰り掛けて居たし、明日にはほぼ全部帰ります。
 曜日の周りの関係で休みが伸びませんからね。

 今日、14時頃から買い物に行きました。
 ついでに、「サイレの丸干し」の様子を見ようとしたのですが、熊野店にはウルメやアジの丸干し、サイレの開きはあったのですが、「丸干し」がありませんでした。
 ???!!!と思って、イオンの方へ見に行きました。
 先日来出て居て疑問に感じていたのですが、そちらには在ったのですが・・・
 「千葉県産・新宮市加工」と言う、まあ、熊野市ではあっちゃあいけない代物だったのです。
 もう一品はお土産用のつもりでしょうが、業務出荷用の中型段ボール箱に9匹入ったのが、びっくりするような値段で・・・
 あの箱、100本以上入る筈なんですか・・・
 山積みなんてのでは無く二箱ほど・・・ あれじゃあ売れんでしょう。
 
 今年は獲れが悪かったし、正月前に月夜になったので確かに少ないのです。
 でも、普段から冷凍物を干して売っているのに、どうして正月の帰省客が欲しいときに品切れにするの?

 有馬店まで見に行くと、正常通りにトロ箱で出て居ました。
 確かに高いです。
 4匹縛りで小さめのが税込み537円と言う高値です。
 それでも、手土産代わりには欲しいものなんです。

 なぜ、こんな事になるのかなあ???
 販売側にも「熊野市の特産品」「熊野市の土産物」と言う意識がないのでしょうね。
 行政はパンフレット作ったり、三重テラスだなんて騒ぐけど、足元固めが出来ていないのですね。
 帰省客は有望な見込み客だし、宣伝部隊なんですけどね。
 補助金とか振興券とかも結構ですが、少し考えないと・・・
 よその子供に優しく、住民や帰省客には冷たいのはこんな所にも出るのかな?
d0045383_19481346.jpg

 サイレもそうですが、ミカンも正月になると激減するんですね。
 極早生・早生・マルチ・・・
 どんどん前に倒して、お正月には直売所もスーパーも品薄で高値に・・・
 これも、ひょっとして作戦ミス?

 「ハバネロ」や「チョロキュア」なんて熊野市民も知らないし熊野出身者も知りません。
 「新姫」も同様でしょう。
 「どぶろく」は何時どこで売っているのやら・・・
 「サンマの魚醤」って、知っていますか?
 「熊野地鶏」お目に掛かりますか?
 やっぱり、「サイレの丸干し」「サイレの寿司」「ミカン」が王道でしょう。
 スーパーで土産物コーナーが設置されないのもどこか食い違ってきてしまった現れみたいに思います。
 民間のことでは無いと思うのは私だけかな?

    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2016-01-03 04:29 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22731390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 2016熊野市成人式 1      熊野の旅 除夜の鐘 >>