LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 28日

熊野の旅 合理的な?節季働き

 今日?昨日?27日日曜日に我が家の前の木本堤防でコンクリート打ちが行われていました。
 もう、仕事仕舞いになる日曜日です。
 どん詰まりになって働くのを「節季働き」と言って、褒められないやり方ですが、このコンクリート打ちは合理的です。
 今打っておけば、正月休みに「養生」が出来ますからね。
 この海岸線では元々水も氷らないのですから、コンクリートの養生も楽なものです。
 山間部では凍結があるので寒冷地並みですけどね。

 コンクリートって固まるときに熱が出るはずです。
 ダムのように大きなものの時には発熱も問題になっていたと思いますが、小さなものでは発熱より寒気で冷やされる方が大きいので下手すると氷ります。
 氷っちゃうと、強度が出なくなります。
 コモやなんか巻いて防寒していることもありますし、冬場には無理してセメンを打たないこともありますね。
 今年は暖冬だし、現場は海のそばだし、年末にでも気にしないで打てますね。
d0045383_20113236.jpg

 こちらは階段部分
 今ある真っ直ぐ上る階段に比べると、うんと緩やかですから誰でも登れますね。
 当然道路側には手すりもつきますからね。
 私の家からだと、15m程遠回りして横断歩道から行かなくてはいけません。
d0045383_20142938.jpg

 こちらは液からの横断歩道から登るスロープです。
 学校などのスロープよりは勾配はきついです。
 コンクリート打ちは一番低いところとスロープの一番上の所だけ行っています。
 中間部分と上の踊り場は残されました。
 コンクリートの流れる重さの関係で4つに切って残りの二つはこの部分の型枠を外してからになります。
 1月の末までには姿を現しますね。
 横断歩道の信号のボタンとか、側溝のグレーティングなど、車椅子にきちんと配慮しているのでしょうね。
 車椅子って前輪は小さいし細いし・・・
 意外なものが障害になるようです。

 で・・・
 こうした施設をした堤防を花火の時にどう扱うのか???
 問題提起はしてありますが、決定していないようです。

    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2015-12-28 04:15 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22710546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 月例 広報くまの1月号より      熊野の旅 久生屋のインターにサ... >>