人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 19日

熊野の旅 買い物弱者には待つ時間が無い

毎回のように取り上げますが、行政って動きが遅いのです。そして、お尻を叩き続けないと止まっちゃうのです。
なのに、動き出したら役に立たないとわかっても止まらないのです。
自分たちのして欲しいことは言い続けないといけません。前に言ってあるから・・・では駄目なんです。
それも、一人では駄目なんです、大勢が強いのです。
だから、皆さんに呼びかけているんです。

市議会議員は決定権とか執行権が無いので皆さんの力が無いと市は動かせません。
殊に今の熊野市はその傾向が強いのです。
皆さん声が高まると市は動きます。
その声を代弁したりしながら、私達市民に必要なことを実現して貰おうと苦闘しています。

「乗り合いタクシー」も運行範囲とか使い勝手とかで、まだまだ改善の余地があります…というより、改善して欲しいと思われている人が多いと思います。
こうしたことも、役所流に「検討してみます」「計画中です」「予算を付けて貰うのに時間が掛かります」なんてやって居ると、今の熊野市では住民が居なくなります。
昔ほど私達が持っている時間が無いと言う事です。
商店も年々減ります。何しろ店主さんも「歳」なんですから・・・
大型店にはあまり頼りたくないですが、その大型店のサービスも使いよい物ではありませんね。
住民の代わってお店と交渉することは行政や関連団体でも出来るのです。 でも、熊野市は動かない町です。
移動販売だって行政が力を貸して、きめ細かくやってもらって居る町が増えています。
日本中が「買い物弱者」だらけですからね。
熊野市では漁協がちょこっと直売車を走らせていますが、買い物弱者救済までは考えられていないようです。

「民間には力を貸さない」どころか「市民にも力を貸さない」という方針に見えちゃいますね。
店のないところには「取次所」みたいな自主的なものを作ることも可能でしょう。
それにも行政は力を貸せます。今は貸そうとしないだけです。これは、力を貸してくれと立ち上がる人を探すところから始めなくてはならないでしょうね。
これらを「夢」で終わらせてはいけないでしょう。
d0045383_23221849.jpg


    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2015-12-19 04:14 | 熊野 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22677204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by amitani0221 at 2016-06-06 13:33
はじめまして。紀宝町鵜殿在住の49歳男性です。一度、ゆっくりお話できませんか?
私もブログやっています。たまたま最近は更新できずにいるのですが。
もしよろしければ返信いただければ幸いです。よろしくお願い致します。
○○○○://amitani.exblog.jp/ 僕は走る ○○○○はhttpです。


<< 熊野の旅 木本と飛鳥 温帯と亜寒帯      熊野の旅 「清流32号・201... >>