人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 24日

熊野の旅 眺望 2

 松本峠からの間が目を紹介しましたが、これは七里御浜の遠望という感じです。
 七里御浜の傍で高くて見晴らしの良いところはあまりありません。展望タワーなどと言う無粋なものはありませんからね。
 七里御浜で山が海までせり出しているのは『花の窟』だけです。
 このご進退は岩山です。御神体だけに頂上に展望台を作ると言う計画も立てられたことがありません。
 かつて日本列島改造論の頃に立案された『第一次熊野市総合計画』なる絵空事の中には熊野市内に十本を越すロープウエーを作る青写真がありましたが、そのときでもここにロープウエーを掛ける絵は無かったように思います。
 御神体だけに正規に登る道は整備されていないようですが、高校生の頃有馬の子に案内されて天辺の岩に登りました。
 綱掛け神事の時には氏子さんたちも上の綱掛け場所に上るのですからもう少しましな道があるのかな・・・とも思いますが花の窟の獅子岩側から登れました。
 頂上からの眺めがすばらしいものです。すぐ足元から七里御浜が伸び、奇異連山もかすんで見えると言う広大なものです。
 ただ、この岩には手すりがあるわけでもなく落ちれば・・・です。
 季節によっては海からの上昇気流がこの岩壁を伝って上昇するので、紙飛行機を飛ばすと落ちてゆくのではなく、どんどん上昇してゆきます。それが楽しくて、ルーズリーフの紙を随分使いました。


by je2luz | 2005-11-24 11:45 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/2250750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 眺望 3      熊野の旅 眺望 >>