人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 09日

熊野の旅 今週は議員と語る会 紀和和気と久生屋

 今、熊野市議会が取り組んでいることの一つが議会の地域懇談会・語る会です。
 何しろ、この広い細切れの熊野市で懇談会を開こうというのですから、結構大変です。
 会場数を沢山設営しないとカバー出来ません。
 今期の間に27箇所ほど回ります。
 その為に、議会を3つの班に分けました。
 定数14ですから、5・5・4になり、すごく少人数になりますが、仕方ないです。
 私は4人構成の第3班です、

 今年はこの11月19日に紀和町和氣で、20日に久生屋で行います。
 紀和の方は会場は和気ですが、対象地区は楊枝と小船も含みます。
 この三地区は、熊野川本流に面し、対岸は和歌山県になり、古来生活は新宮圏です。
 大河に遮断されているように見えるし行政的には三重県になっていますが、今でも買い物などは新宮ですね、
 その分だけ、熊野市が遠く感じたり、疎外感もあるようです。
 これは市長選の時以来土地の人と接触する時に感じます。

 今回は地域の要望で水道などに関する物が出されていますので、今日、現地の様子を下見に出掛ける予定ですが、雨で何所まで見られるでしょう?
 目の前に大河があってもそのまま取水することも出来ず、地形的に常時水のある沢が集落周辺にはありません。
 水のそばに居ながら見ずに不自由するという地域でもあります。
 水道式になる前は、井戸を掘って熊野川の伏流水で生活していたようです。
 戸数も人口も減りこの先この水道をどう維持するか・・・
 検討の必要があるでしょうね。
d0045383_22311315.jpg

 お年寄りが多いと言うこともあり、懇談会は夜行うのですが、和気は平日なのに昼間になります。
 こうした日時でやれることも悲しい話です。
 楊枝薬師、小船梅祭り・・・観光資源があっても集落が衰退する・・・
 よそから見ると日当たりも良いし・・・
 でも現実は・・・
 そして、異常気象も心配です。
 今までは500mmとか700mmの世界でしたが、2000mmが現実になっていますからね。
 山腹崩壊も下流の浅里で起きていますし、大規模な冠水は小船でも起きています。
 そうした物を防ぐことは不可能ですが、避難し回避することを考えないといけませんね。
 現地の声を聞いて・・・
 でも、何所まで伝承などが残って居るやら・・・

   

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2015-11-09 04:18 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22476206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 瀞八丁 プロペラ船 ...      熊野の旅 広報くまの11月号 他 >>