LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 01日

熊野の旅 高速問題 現地確認に

 高速道路の件、問題提起したので改めて自分の目で現地を確認に行きました。
 木本町新田と有馬町奥有馬は写真も撮ってきました。
 井戸は何時も写真載せていますしね。
 井戸では「紺屋地」を新しい路線図を参考に写真にしないといけませんね。
 こうしたものまで載せないで欲しいとは言われないかな?
 ただ、個人の家が確定されることにもなりますけどね。
d0045383_20312384.jpg

 新田はやっぱり現場は道路も谷も狭いです。
 家をどけたら道を一部付け替えるのでしょうけど、勾配がきついところなので真っ直ぐにすると怖いかも知れません。
 急勾配なので取り残される家は本来なら日陰になるのですが、勾配のおかげで影は免れるでしょう。
 それでも、「振動」「騒音」「低周波」は考慮に入れないといけませんね。
 地元の人が居たのでその話はしておきました。
 工事中を含め本当に困る時は早めに声を上げて下さいとお願いしてきました。
 二軒の家と話が出来ましたし、2軒と言えども新田の関係する家の数からするとかなりの率なのです。
d0045383_19291173.jpg

 注文は付けてあるし、民家がそこそこあるのですからこれからも話し合いはあると思います。
 大泊の場合はよく分からないままに工事が進んだようですけど・・・
 
 産田神社の奥の区間は、民家から少し離れる感じですが、数軒は影響を受けるかも知れません。
 産田さん方面から見て景観を壊すほどのことは無さそうです。
 産田川も洪水から年月が経ってきて川の石も落ち着き魚も少し戻ってきたようです。
 工事は川を直接いじることも無いでしょうから、大丈夫かな?
d0045383_193716.jpg

 予想地点は産田神社脇の水泳場の上流、最後の民家を過ぎて道が左に曲がった辺りです。
 この辺になると少し海抜があるのと、この先でインターまで下るのでそんなに高くない位置で池川行きの道を越えると思います。

 市民の多くが予想していたのは、この辺りで産田川は横切るのは同じですが、もう少し高い位置で横切り、金山は防災拠点近くに出るというものでした。
 そのコースだと有馬山崎などの民家に関係なく通過出来るからです。
 この辺りだと、わざわざ高速を近くに作らなくても丘や山があるので津波避難にも問題はないからです。
 熊野道路の位置取りは国交省の言う「なるべく民家に差し障らないように配慮して・・・」とは真逆に「なるべく民家のある場所へ・・・」という風です。
 そう思うのは私だけでは無いのですが、理由がよく分かりません。

 井戸があそこを通すなら、新田も顔を出すし、有馬・久生屋・金山も予想より下がってきます。
 紺屋地・岡地を犠牲にしてまで・・・
 「なんでだろー」
 プロの考えることは分かりません。

   

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2015-11-01 04:13 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22437340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 津波避難タワー 芝園...      熊野の旅 話題の外のこと >>