LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 19日

熊野の旅 エンターテイメント 

 熊野市な何だかんだと催し物が多いです。
 昔は映画館があり、2人の興行師が居ました。
 大昔、美空ひばりまで呼んだはずです。
 今は映画館も無く、興行師は居ないはずです。
 市民会館の自主事業とやらで歌手やバンドを呼びます。
 あまり興味が無いので覚えていませんが、セルジオメンデスとかも呼んだと思います。
 でも、そんなのより演歌系の方が受けるのですが、今ではそうした演歌のフアンも高齢化して・・・
 今年は先頃も書きましたが、「広瀬香美」が来ます。
 「ロマンスの神様」・・・
 私がスキーに行っている頃に随分聞かされた歌声です。
d0045383_1941536.jpg

 市の文化祭の展示場に行ったら、色んなパンフレットをまとめて渡されました。
 この娘もやっぱり少し・・・
 自分のことを棚に上げて言っています。
 12月4日金曜日一回公演です。
 市民会館は700人くらいしか入れないと思います。
 部隊を少し大きくして定員が減りましたからね。
 
 市民会館も随分古くなりました。
 狭いところにねじ込んだので拡張性はありません。
 今の駐車場は随分経ってから購入したものです。
 建物はあまり自慢出来ない奈良の業者が建てたものです。
 トンネルの巻き立てが薄かったとか、橋脚がおかしいとか話題になったところが建てたとしか言いません。
d0045383_19474444.jpg

 これは落語家の公演と講演?ですね。
 今週末の24日はが桂米朝一門の落語会です。
 落語会は長年行われています。
 交流センターが無い頃、観光協会の入っていた建物の二階でやって居たように思います。

 右のは笑点でお馴染みの春風亭昇太・・・
 城好きでも有名ですが、紀和の赤木城についての話もあるし、落語もあるし・・・
 11月15日日曜日15時から市民会館です。
 どれだけ埋まるでしょうね?

 熊野市も、人口が減ったし、高齢化で木本までこんなの見に来られない人が増えました。
 たった700人ほどの市民会館も埋めにくくなってきたのです。
 駅の横に「熊野市文化交流センター」が出来て、中ホールが使えるようになってからは、そちらを使う事が多くなっているようです。
 3万市民が1万8千になったし、その中で年寄りが倍になっちゃいましたからね。
 つまり、動ける人間が1万人しか居ないんです。
 市民会館で昼夜二回公演なんてよほど人気があり、南郡や新宮尾鷲からも押しかけてこないと出来なくなったのです。
 段々、ギャラの高い人は呼べなくなりました。

 興行と暴力団
 昔からつきものだったのですが、今は何所の自治体にも「暴力団排除条例」があるので、下手な呼び屋を使うわけには行かないでしょう。
 有名な日本の歌の歌手は呼びにくいでしょうね。

    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2015-10-19 04:34 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22343429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 木本堤防が遊歩道に・...      熊野の旅 流行らなくなったのか... >>