人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 21日

熊野の旅 古道歩きの駐車場 3

 車で古道に来られる方の中には、ワゴン車などでの野宿組も居られるようです。
 野宿をされる場合、最低限ほしいのはトイレと水だと思います。水はポリタンクででもしのげますがトイレは矢張り困ると思います。
 まず、駐車スペース・トイレ・水が確保される場所としては『道の駅』があげられます。ここは、キャンプは別として二十四時間オープンのトイレがあり水があります。車の出入りもあるので比較的治安は良い方でしょう。合併で原則が崩れてしまいましたが基本的には一自治体一箇所が認可をもらった施設です。経営形態は自治体直営と第三セクターがほとんどなので売店の営業時間が短いものが多いですね。
 この近くでは熊野市・『熊野きのくに』、御浜町『パーク七里御浜』、紀宝町『うみがめ公園』と三箇所あります。
 『熊野きのくに』は国道42号線負わせと熊野の中間点の山間部にあります。ここは民営の道の駅なので営業時間が長く、夜10時まで売店も開いています。コンビにも併設されていますから、食糧確保には最適でしょう。ただ、冬場の夜はいささか寒いところです。ここが紀伊半島か・・・と思うほどの寒さです。しかし、紀伊半島も大台ケ原や大峰山、高野山と寒いところが一杯なのです。山が重なっているので海岸線以外は異常に寒いのです。その分、夏場はクーラーも要りません。快適に眠れるでしょう。
 『パーク七里御浜』は御浜町の海岸沿いにあり駐車スペースは広いですが、第三セクターのため売店などは午後5時に閉店します。併設のスーパーは夜まで開いています。
 『うみがめ公園』は紀宝町の海岸で海がめが産卵に来ることからこの名前がついています。保護した海がめが飼育されています。ここも光栄なので弊店は早いです。併設のお店が無いので少し出かけないといけないでしょうね。
 そのほかには、鬼ヶ城入り口の市営トイレとパーキングでも野宿ができます。ここも、国道の傍なので安心でしょうね。鬼ヶ城に入ってゆくと、鬼ヶ城の駐車場と県営の公衆トイレがあります。ここは国道から離れているので静かですが、その分若干不安感もあるかと思います。犯罪が起きたという話は聞きませんが・・・
 田舎ですから、いたるところに停めて寝ることは可能でしょうが、なるべくきちんとしたところで野宿してください。マムシや熊やいのししに出会うことはまれでしょうが・・・

カメラは バルダ・バルディックス

by je2luz | 2005-11-21 10:33 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/2232312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 眺望      熊野の旅 古道歩きの駐車場 2 >>