LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 14日

熊野の旅 10月臨時議会 紀和町瀞流荘 鉱山

 10月臨時議会があります。
 入札の承認が主な議題です。
 高い安い以前に私としては気に入らない工事ですけどね。
 紀和町瀞流荘の大改装です。
 宴会場を普通の宿泊用の部屋にし、リハビリプール部分を宴会場に?
 湯ノ口温泉が整備され、板屋の市営プールでリハビリ講習など行っているので、瀞流荘の深めの浴槽など要らなくなってきているのですけどね。
 紀和の温泉は三箇所に分散して作られているので効率は悪いです。
 少し前に書いたように、道路が整備されると、川湯温泉、湯の峰温泉などの有名温泉場との競合が激化します。
 それを乗り越えるための改装???
 湯の峰・川湯を越える集客力を付けるのは大変です。
 ほんの30分ほどでそちらに行けるようになっちゃいました。
 今までは秘境で近づきにくかった「瀞峡」も15分ほどになっちゃいました。
 悪い湯では無いのですけど・・・

 そばにある日本有数の銅山だった「紀州鉱山」も坑道には入れません。
 九州の「鯛生金山」のように坑道には入れる演出があっても、山の中まで観光客を引っ張るのは大変です。
 同じ九州の「軍艦島」は立ち入りが出来なかった頃から、マニアには気になる鉱山廃墟でした。
 「石見銀山」は世界遺産ですね。
 「佐渡金山」も坑道が展示場になっています。
 そうして有名な鉱山跡との競争です。
 今、鉱山跡で利用しているのは「キノコ栽培」程度です。
 熊野市が手がけているのですが、まだまだ、売り上げが市の財政に寄与するなんて物ではありません。
 熊野市民のほとんどは知らないままかと思います。
 せめて、坑道から出てくる有害廃水の処理費くらい捻出したいものです。
 未来永劫続く公害処理費ですからね。
 原発だけでは無く地味な銅山でもあるんですよ。
d0045383_22513010.jpg

 奈良時代の仏像から太平洋戦争の大砲まで・・・
 日本を支えてきた銅山が残したもの・・・
 今は公害だけなんて淋しいですね。
 鉱山博物館も地元の子供の教材程度ですし・・・
 かと言って、坑道を改装して観光化するには数億はかかるでしょうし、それで客を呼べるか、ペイするか・・・
 観光って難しいです。
 ここの鉱山も軍艦島同様、歴史的には問題も抱えていますしね。

    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2015-10-14 04:30 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22314918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 新宮市が18000人に?      熊野の旅 敬老会シーズン >>