人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 13日

熊野の旅 敬老会シーズン

 秋は「敬老の日」が作られたせいか、「敬老会」が多いです。
 私が子供の頃に「敬老会」なんてのが始まりました。
 60年も前だと、平均寿命も67歳くらいだったでしょう。
 だから、敬老会に呼んで貰う年齢が61歳とかだったようです。
 今時、そんな年令で呼んだら熊野市など半分くらいですね。
 75歳まで後に下げても、木本で200人を超す数になります。
 その敬老会の世話をする人達も立派な老人です。
 老老介護なんて言葉がありますが、敬老会は「老々接待」です。
 私は一応招待客なのですが、5年ほどは専属カメラマンです。
 これもデジカメ時代だから出来る話です。
 2人くらいずつ撮りまくってキングサイズにプリントし、本町通りの展示場に発表します。
 近年は「家族で写真を撮る」なんて習慣が無くなっているので喜ばれます。
 携帯電話での写真は焼き増しして渡されるなんて無いですからね。

 木本の敬老会は10月24日土曜日です。
 つい先頃通知が来たのですが、お年寄りに言わせると・・・
 「あんまり早う通知出したら、忘れたるさかの!」だそうです。

 祭りの時もカメラを持ってうろつきましたから・・・
 「敬老会へ行くで頼むで!」
 「去年より別嬪に撮っての!」
 などと声が掛かりました。
 お撮りよりは「いい顔に撮る」のは易しいのですが、「別嬪に撮る」のはちょっと難しいです。

 こうして撮り続けていると、ぽつぽつ欠けてゆきます。
 顔は知っているけど名前までは・・・と言う人も居ますけどね。
 75歳の新入生も5年経つと80歳なんです。
 そして今の平均年令は83歳くらいだとか・・・
 敬老会に出てこられるのは健康な方です。
 施設に入った方はこうした町の敬老会には出られません。
 一人暮らしの方が多いのですが、出てこられる人は幸せな方でしょうね。
 社交性も失っていない方で無いと出て来ませんし・・・
d0045383_21314058.jpg

 この人達は普段からの顔見知りで敬老会にも顔を合わせます。
 ?少し若いのが混じっていますね。
 戦後すぐの敬老会だとこんな年でも招待客だったのですね。
 接待する「婦人会」も若かったのですが・・・

 今の敬老会メンバーだと、昭和19年(1944)の東南海地震の経験者のはずなのですが、普段でもその話はちっとも出ませんね。
 伊勢湾台風の話も出ませんしね。
 町の歴史も伝わらないし・・・
 難しい物です。

    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2015-10-13 04:30 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22311565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 10月臨時議会 紀和...      熊野の旅 木本神社秋祭り >>