人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 20日

熊野の旅 古道歩きの駐車場 2

 前回は古道本体の駐車場でしたが、今回は古道に付随するところの駐車場事情を取り上げます。
 古道の周辺には熊野三山信仰とは直接関係は無くとも、日本の古代信仰に通ずる場所があります。熊野市に来て古道を歩くなら古道より古いものに触れることも大切かと思います。すべてが狭い範囲に収まっています。歩いても一日行程、車だと半日で回れるでしょう。
 花の窟=境内のまん前のボランティアで運営している茶店の脇に熊野市が整備しつつある駐車場があり、20台くらいは停められます。ただし、春秋のお綱掛け神事の時は停められません。
 産田神社=きちんとした駐車場はありませんが境内の前が広くなっていて、十台くらいは停められますが、地元の車が停まっているので通常は数台程度でしょうか。
 大馬神社=境内の前に駐車場が用意されています。二十台くらいのものですが行事でもない限り、人里離れた神社で参拝者も少ないのでいつも空っぽです。道中の道が狭いので都会の方は気をつけてください。
 木本神社=特に駐車場はありません。鳥居の前の道路が広くなっているので数台は停められるでしょう。少し先に行けば堤防のそばなど適当なところに停めても大丈夫です。ただし、トラックが通れるだけは残してください。その先に木本漁港があります。
 徐福の宮=ここは離れた波田須町になりますが、国道311号線から海に向かって急斜面を下ったところに祠があります。下にも市道はありますが、狭いです。国道311号線にある「徐福の宮」の標識のところには車が数台停められますから、そこに停めてきれいな海を見ながら急坂を歩くのが良いでしょう。秦の国から熊野の地に不老長寿の薬『天台烏薬」(てんだいうやく)を探しに来た徐福の苦労に比べれば大した子と在りません。


by je2luz | 2005-11-20 11:30 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/2226229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 古道歩きの駐車場 3      熊野の旅 古道歩きの駐車場 1 >>