人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 01日

熊野の旅 組合立紀南病院

 この辺では「紀南病院」と言えば御浜町阿田和の公立病院です。
 でも「紀南病院」てえのは田辺にもあるようです。
 「熊野」とか「紀南」とか「南紀」という名称は田辺辺りから紀伊半島をぐるっと回って紀伊長島くらいまでが含まれちゃうのです。
 「熊野市」が「熊野」を名乗ってあまり得なところが無いように「紀南」なんてのも、曖昧で場所の各停も出来ないのであまり良くないです。
 田辺に行って「紀南病院」と言えばあちらのを指すのでしょうね。

 ここの「紀南病院」は組合立で、元の名前は「南牟婁民生病院」です。
 最近は「民生病院」という人は減りましたが、長い間「みんせいびょういん」と呼ぶ人が居ました。
 名前のように、南牟婁郡の町村が協同出資で作ったものです。
 今は合併もあり、熊野市・御浜町・紀宝町の出資による「組合立」です。
 運営はこの自治体の議員代表で構成される「組合議会」で審議されます。
 予算・決算などもこの議会に出て来ます。

 9月30日にこの組合議会がありました。
 理事はこの三つの自治体の首長が務めていますから、三人が揃う時にしか議会を開けません。
 しかし、組合立でも市町の負担が大きいのですから、今時、一つの市で病院を持つなど出来ませんね。
 過疎は進むし高齢化も進みます。
 患者が増えても公立病院は赤字です。
 国保会計の方も赤字です。
 保険の方にも一般会計から繰り入れるし、病院にも入れるし・・・
 でも、塵芥処理に一人2万円もかかることを考えると、やむを得ないのかな?

 この病院も医師不足が深刻です。
 以前から全国の田舎で問題になっている「産婦人科医の不足」がとうとうここをも襲いました。
 この夏から「分娩」を扱わなくなったのです。
 開業医もあるし、他所から来た嫁さんの中には郷に帰る人も居ます。
 昨年度の分娩数は90件ほどです。
 南郡と熊野市の出生数は200人ほどですから半分ほどは紀南病院がこなしたのですが、これでは、若手の医師の勉強にするほどの数にもならないのです。
 と言う事で、今の所、三重大医学部から派遣した貰えないのです。

 新宮ー15Kmー阿田和ー40Kmー尾鷲
 高規格道路も出来てくるし・・・
 患者さんが簡単に病院を選ぶようになって来ました。
 「熊野ー尾鷲道路の完成の影響は?」と、質問したのですが・・・
 「具体的にどの患者が流れたか・・・と言う事は調べようが無いけど、影響はあると思われます。開業医さんの推薦状が必要な時代ですから、お医者さんになるべく紀南病院を・・・とお願いはしています」との答弁です。
 今回の決算は高速の影響を半年受けたものです。
 熊野市の減数が少し多いのです。
 飛鳥・五郷などは元々尾鷲向きだったのですが、高速が出来て新鹿や二木島などは尾鷲の方が近くなっちゃいましたからね。
 さらに、これを越えて津・松阪・伊勢へ行きたい患者も増えているようです。
 この部門でもストロー現象が起きています。
 これを防ぐのは「医師の確保」しか無いのです。
 採算度外視の給料体系を組んでも田舎では難しいんですよね。
 設備も無いし・・・
 患者さんの様態次第で「ドクターヘリ」の出番になりますしね。
d0045383_19541278.jpg

 本館建設の方は東洋ゴム問題で半年の遅れが出ます。
 新館本体は2月末に本館本体が完成し、移転と残りの旧館の改装まで終わるのは6月末になりそうです。
 この遅延はやむを得ないでしょう。
 紀南病院のそばには三本もの断層が走っていますから、免震構造採用も仕方ないですね。
 この断層が発見?されたのは数年前です。
 有馬から南の高速道路もこの断層沿いに走ります。
 原発よりはましですが、怖い話です。
 三つも四つものプレートに押しつぶされて出来た日本列島ですから、ヒビだらけなんですね。
 
   
     ポッチよろしく!!!
    
      
人気ブログランキングへ
  ↑↑↑ 一日一回ポチッと押してください↑↑↑

by je2luz | 2015-10-01 04:45 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22248121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 通りすがり熊野出人 at 2015-10-09 00:25 x
熊野市という市名は良くないですね
熊野市駅の駅名改称のときにも国鉄が言ったことですが、熊野というのが和歌山と三重をにまたがっているし、領域でいえば和歌山の方が三重の倍くらい広いし、人口もそれくらい差がありますしね

また歴史的にも熊野は熊野三山の信仰で名が広まったということもあります
熊野信仰には今の熊野市有馬の関わりもあるようですが、熊野信仰や熊野地域の発展の中心ではなかったですしね

地名があったり歴史的にその地域の中心であったとかなら問題ないと思うんですが、そうじゃない場合歴史の誤解にもなりかねないので旧国名みたいな広域名称を自治体名にするのはやめてほしいものですし、改名してもらいたいものです
Commented by je2luz at 2015-10-09 13:50
1通りすがり熊野出人 さんへ
 ***
 何度か書きましたが、昭和の合併の時に「熊野」を名乗ったのが間違いなんです。
 田辺から長島まで熊野には違いないのですが、全国レベルで見ると熊野は和歌山県です。
 もう一つ、この辺が「度会県」に入れられて、和歌山県で無いのも不自然なんですけどね。
 平成の合併が解明のチャンスだったのですが、南牟婁大合併に失敗し紀和を飲み込むだけに終わったのでチャンスを失いましたね。
 合併の時ならどう背も着茶金が掛かるのですから、名前変えても良いのですけどね。
 もう少しすると国の方で消滅都市の矯正合併が打ち出されるでしょう。
 その時には、昔に戻って「南牟婁市」でも名乗るでしょう。
 和歌山県側と一緒になると東西南北揃うので「牟婁市」ですっきりするのですが・・・


<< 熊野の旅 10月1日って雨の日?      熊野の旅 清流31号 まもなく発行 >>