LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 29日

熊野の旅 載せついでに、11月の祭り

 秋は行事が多い時です。
 田舎の祭りは大体に置いて、秋祭りです。
 秋の実りに感謝し、神様にお供えし・・・と言いつつお百姓さんの息抜きでもあったのでしょう。
 江戸時代の「百姓は米を食っちゃあいかん!」という時でも、「祭りは除外」とされていた所が多いようですからね。
 昔の稲作は種まきも遅かったし、刈り入れも遅かったです。
 私が子供の頃でも刈り入れが全部終わるのは、朝霜が降りる11月でした。
 ですから、飛鳥の祭りは12月1日だったのです。
 他でも大体そんなものだったのですが、刈り入れが早くなってくると、祭りも早くなりました。
 おまけに、勤め人が増えて「日にち制」では具合が悪くなって、「曜日制」とか「休日制」に変わって行きました。
 昔からの日にちを護っているお祭りも少ないのでしょうね。
 神社庁系のHPでは一部の神社の例大祭の古い日にちが載せられているのもあります。

 11月は3日に祭日があります。
 この「文化の日」は半年後の「憲法記念日」とセットです。
 今の「日本国憲法」が1946年11月3日に公布されたことを記念し、1948年「国民の休日に関する法律」で「文化の日」とされてものです。
 そして、半年後の1947年5月3日に日本国憲法は施行されたのです。
 つまり、こうしたことで決まったものなので、他の祭日のようにご都合では動かせないのです。
d0045383_21183845.jpg

 動かない祭日と言うこともあり、村祭りをここに持って来たところが結構あるようです。
 私が知る範囲では・・・
 飛鳥町の飛鳥神社
 五郷町の飛鳥神社
 神川町の上山神社
 新鹿町の徳司神社 はこの11月3日です。
 紀和町のふるさと祭りもこの日です。
 毎年私は飛鳥神社にお参りしていますが、この足で去年は五郷経由紀和まで足を伸ばしました。
 全部のお祭りで「餅撒き」はあります。
 飛鳥と五郷、神川は同時進行なので、どちらかしか拾えませんね。
d0045383_21264128.jpg

 神川の上山神社も良い祭りのようですが、ここも飛鳥五郷と同時進行なので立ち寄ったことがありません。
 ここには、木本神社と同じように江戸時代の国替え騒動の時に村の民の願いを聞き届けてくれた吉田さんを「吉田大明神」として祀っています。
 新鹿の徳司神社は遷宮したばかりのお宮さんです。
 遷宮が出来るだけの馬力がある所とも言えます。

 紀和町の「ふるさと祭り」は鎮守様の祭りでは無いのですが、不思議と人が多いのです。
 夏の火祭りもそうなのですが、人口の割りに多いのです。
 ここのはイベントですね。
 ここへ行けば「ご当地戦隊」に会えると思います。
 年に数回しか出場しませんから、駅前のイベントとか探さないと会えませんよ。
 で・・・
 今度のストーリーはどうなるのでしょう?
d0045383_21252722.jpg


 山間部の神社では育生町の大森神社がこの日とはずれています。
 11月23日勤労感謝の日に行われています。
 この祭は建保元年(1213)からだと言われています。
 酒税法、アルコール専売のうるさかった頃も、国の認可が下りた「どぶろく」が作られてきました。
 「大森神社秋の例大祭」なのでしょうけど。「育生のどぶろく祭り」と言う名前で通っています。
 この祭り・・・
 結構名前は通っているのですが、参拝者が多くないんです。
 他所から来るにはいかにも山の中と言う事なのでしょうね。
 駐車場もあるし、田舎の祭りでも他所の人大歓迎でやって居ます。
 ただ・・・
 駐車場から神社までにも・・・
 「飲んだら乗るな」「乗るなら飲むな」と、どぶろく祭りなのに・・・と言う看板が並びます。
 この辺にも「運転代行業」はありますよ。
 名古屋・大阪まで送ってくれるかどうか知りませんけどね。
 私は運転するので飲んだことありませんが、挨拶によると「今年は美味いどぶろくが出来ました」と言っていますし、地元の方の作った「おでん」「猪鍋」などおつまみも用意されていますよ。

 井戸の祭りも11月23日だと思います。
 いつも、大森神社の帰り道に井戸の祭りに寄りますからね。
 この祭りの中心は下の大馬神社(遙拝所)です。
 井戸は人口も多いので結構人出があります。
 そして、浦安の舞の舞姫も多いです、

   
     ポッチよろしく!!!
    
      
人気ブログランキングへ
  ↑↑↑ 一日一回ポチッと押してください↑↑↑

by je2luz | 2015-09-29 04:38 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22238200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 清流31号 まもなく発行      熊野の旅 秋のお綱かけ 花の窟神社 >>