人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 25日

熊野の旅 何気ない景色ですが・・・  少しおかしげな部分が・・・

 少し前までは、国道や県道沿いには、中古自動車、パチンコ屋、ガソリンスタンドなどの立て看板や幟がずらりと並んでいました。
 最近はそんなのほとんど無いですよね。
 言われなければ気がつかないでしょうけどね。

 どうして消えたのか?
 あれって、結構視界を遮り危険だったし、景観も損ねていたのです。
 と、言うことで三重県では「県条例」で道路のガードレールや欄干などにそうした物をくくりつけるのを禁じたのです。
 ともに、「野立て看板」なども大幅に規制されました。
 こちらは、紀勢地区になれば「道路標識」などを除いて立てられなくなりました。
 だから、前にここに載せたように。道路管理者と公安委員会辺りが話し合わないと、道路の分岐でさえ看板が出せないようです。
 熊野市内でも、案内表示が無くてもの凄く不便なところが何カ所もあるのです。
 とうせん、役所は範を垂れなくてはならないので、設置してくれません。

 この様な条例はほとんどの県でほとんど同じ様な無いようで作られています。
 京都などはお店の看板まで規制しちゃったくらいです。
 だから、さっき書いたように何所を走っても幟の乱立が消えたのでしょう。
 今はあのナイロンの幟が安く作れるし結構耐久性があるのですが、条例が乱立を防いでくれているのです。
 たかが上りと言いますが、乱立させると視界が遮られて危ないのです。
 少し前に熊野市内記念通りで事故が起きかけたので、大量に立ててあった幟を撤去して貰ったことがあります。
d0045383_19583579.jpg

 でも、今でも気軽に幟をくくりつけているところも見掛けます。
 それが、「交通安全」だとか「国体」なんて幟だと、????と思っちゃいます。
 だって、その幟って「安全協会」とか「県」の作ったものでしょう?
 その日だけとかの除外例に当たらないし・・・
 見掛けたのがたまたま隣の県なので余計なお節介かも知れません。
 確か関連する県にも条例があると思うのですが・・・
 気がつく私が悪いのでしょうね。

 不都合なら改正すれば良いのです。
 説明すれば議会も通すでしょう。
 何所の県でも罰則までは無いとは思いますが、気がつく県民も居られると思いますよ。

    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

      

by je2luz | 2015-09-25 04:20 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22220411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 清流31号 編纂中      熊野の旅 夏を旨とすべし >>