人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 21日

熊野の旅 走りました 169奥瀞ー開通区間ー宮井168

 昨日の続き・・・
 169号線奥瀞公園を過ぎると少し道が狭くなります。
 奥瀞道路です。
 以前はまともな道がないという位でした。
 今は乗用車ならバックまでしなくてはならないところが無い道です。
 少し走ると、北山村の観光の目玉「筏下り」の乗り場があります。
 立地的に駐車場も充分とれない崖の所にあります。
 七色峡から続く渓流を下る物です。
 戦後になってトラックの時代になると材木を運ぶ「筏」は無くなりました。
 川には熊野川総合開発でダムが一杯造られたので筏を使える場所もほとんど無くなったのです。
 水一滴まで電源開発の財産になってしまい、水量の加減も電源の一存になる始末です。
 散々苦労してほんの少しの「観光放水」を恵んでもらって居るだけです。
 台風12号の大水害も北山村ー紀和町ー熊野川町ー新宮市ー紀和町などは川の自然増水のピークにダムの放水が重なったのも一因だと言われますが、当然のように電源開発は認めません。
 「見舞金一律500万円」で済まそうとしました。
d0045383_2315161.jpg

       2015/09/19  12:37  筏乗り場
 北山村は残された渓流で夏場に筏下りを運営しています。
 簡単そうですが、筏乗りも大変ですが、運んだお客さんを元の場所まで連れて帰らなくてはなりません。
 そして、昔の筏は材木を下すことが目的ですが、今は、お客さんを乗せる筏も陸揚げしてここまで戻さなくてはならないのです。
 燃料無しでお客を運んでいるようですが、もの凄くコストが掛かるのです。
 観光って大変ですよ。
 筏乗りだって、就労出来る日にちは少しですしね。

 木曽のなーあ なかのリサーん 木曽の御岳 なんじゃらほい
 あの時代は木曽でも北山川でも命がけで材木を運んだのです。
 この乗り場から暫くは一車線ですが、10分足らずで今回の開通区間に入ります。
d0045383_23293736.jpg

       2015/09/19   12:27 竹筒(たけとう)968mトンネル出口 
 この区間は旧道部分がとんでもないところに残って居るので、いかに険しかったが分かります。
 と言うより、「なんでここまでしてこんな立派な道を付けるのだろう?」と、さえ思います。
 数百人の住民、運ぶ物も無し、この道路に見合うだけの観光客も見込めませんよね。
 規格を満たす物しか作れませんからこうなりますね。
d0045383_23361099.jpg

       2015/09/19   12:47 311との合流点
 先に見えるのが、熊野市方面から紀和を通って田辺に向かう国道311号線との合流点です。
 下北山村桑原の分岐点からの所要時間は35分位ですね。
 下北山でこちらに入らないで、旧来の順路で42号まで出て有馬から紀和に向かうとすると、普通の走り方でようやく有馬に入るくらいです。
 所要時間が半分以下になります。
 これが普通になると自家用車の観光客の順路が大きく変わります。

 新しい区間はトンネルの連続です。
 一番新しい企画の国道ですから走りよいです。
 適当にカーブもあるし・・・
 坂はきつくないし・・・
 そこそこ追い越せるだけの直線もあるし・・・
 この先は新しい部分を含め、新宮市宮井の国道168号線との合流点までは実に快適ですよ。
 このそばを流れるのは「北山川」で国道が交わる所で「十津川」を合流します。
d0045383_23513586.jpg

       2015/09/19   12:55    宮井大橋 
d0045383_23535719.jpg

  ここまで43分です。
 写真など撮らないで走ったら、35分くらいでしょう。
 ぶっ飛んだら???
 距離が短いし山岳路ですからそんなに短縮出来ないでしょうからお勧め出来ません。
 グリップの悪い車だと多分膨れるでしょう。
 
 一応これで168に合流し、右折して少し走れば本宮です。
 前の熊野市からの合流点からここまでを169号と併用してきた311号線はこの先168号と少しの間併用し、この先で左に別れて、古道の中辺路を通って田辺に向かいます。
 熊野市からつながる道は古道で言えば「本宮道」です。
 私は本宮行きをやめて、Uターンして紀和・湯ノ口に向かいました。

    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

      

by je2luz | 2015-09-21 04:40 | 熊野 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22192810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by jppapin2001 at 2015-09-21 16:09
初めまして。
以前、私のブログ http://jppapin200.exblog.jp/20400931/ にコメント頂いた方から当ブログを教えて頂き、拝見しておりました。
奥瀞道路開通は、新聞に出ておりましたので、大変気になっておりました。
下北からのショートカットコース、すごいです!全く存じませんでした。
あそこを曲がるととんでもない道だとばかり思っていましたので、曲がろうと思ったことすらありません。
貴重な情報をありがとうございます。
来月には奈良~下北~瀞ホテル~本宮~白浜というルートで奥瀞道路を満喫するプランを計画中しようかと思っております。
南紀は大好きなところなので、行きやすくなってくれるのは、本当に嬉しいです。
Commented by je2luz at 2015-09-21 20:04
不動峠の下北側の百メートルほどは厳寒期には凍結があり得ます。
このルートがガイドブックに載り、カーナビが優先案内始めると交通が分散されます。
高速の延伸などを含め、田舎の交通体制整備が進むと過疎が加速します。
 瀞峡も陸路入る人が増えて、本来のウォータージェットによる瀞八丁観光が駄目になりつつあります。
 時間短縮で便利?にはなるんですけどね。
Commented by 通りすがり熊野出人 at 2015-09-22 02:15 x
熊野川総合開発には腹立ちますね
ダム作るから北山川が汚れてしまいました。ダム作る前はとても綺麗な川だったんだろうなぁと思います
個人的にはダムぶっ壊せと思いますね。雨が多いから10年くらい経てば川岸なんかも結構綺麗になると思いますしね
でもダムがなければ観光筏は出来ないとは思いますが。自然の川の流れは変化するから危険ですからね
ブログ主さんはダム出来る前の北山川や瀞峡知ってるから羨ましいです。さぞ美しかったことでしょう

瀞峡竹筒間が良くなったのは嬉しいですね
この区間走りにくくて大嫌いで、新宮や本宮に行くときは不動バイパス→育生→西山→板谷→竹筒って行ってましたからね
新宮や本宮が目的のときは熊野市の海沿いはかなり遠回りになる気がして走らなかったですね、道がいいから楽なのは分かっていましたが

奥瀞道路は道の駅奥瀞から小松間がまだなんでそこも早く良くなってほしいんですがね、後竹原大沼間も
早くても10年後くらいでしょうけど
Commented by je2luz at 2015-09-22 11:45
 熊野川総合開発は戦後の国策で進められ、復興に役に立ったのですが、地元に示されたバラ色の将来図はなにも実現しませんでした。
 これの水利権更新は、前回の市議の時でした。
 時の市長に申し出て「熊野川水系特別委員会」を設置して電源開発との交渉にも当たりました。
 その時、役所に残って居た書類を調べた結果、「孫末代まで文句は言いません」と言う契約書が各種団体と交わされていました。 国策会社ですから抜かりは無いです。
 電源開発関西支社で最初に申し渡されたのは…
 「水利権更新に関し、当社としてはなにも支払う義務は無いのですが、皆さん方の熱意もありそれなりの対応はさせて頂きます」 なんて物でした。
 確かに法的にはそうなって居ます。
 更に、一回目の更新は30年でしたが、全国のダムの更新期が来るので国民の知らない間に法律が改正され、「期限が50年」になり、知事の認可・市町村長が意見を述べる」というのが「大臣の認可、知事が参考意見を述べることが出来る」に変更されました、
 次は30年ほど先なのですが、耐用年数問題を含め地元の手が出なくなっています。
 これを知る人も当時の特別委員会のメンバーも一線には居ませんし…

 その辺のことは以前にも少し触れたことあるのですけどね。


<< 熊野の旅 寄ってみました 湯ノ...      熊野の旅 走りました 169ー... >>