人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 18日

熊野の旅 定例会終了

 昨17日、熊野市議会8月定例会が終了しました。
 上程された議案7本と議員提出議案2本を一応満場一致で可決しました。
 「一応」と書いたのは、私が議案質疑するような疑問箇所が含まれていたために、委員会ではかなり議論が起きたようです。
 事業内容では無く、予算の組み方が好ましくないのに加え、説明がおかしかったことが原因です。
 近年の予算や決算では、「繰り越し」「項目変更」「流用」などと言う、本来多用してはならない手法がぞろぞろ出るので、私だけで無く議員各位も不信感を持っているようです。
 提案され、説明を受け、きちんと審査してあるお金が、財政上の都合にしろ、こんな風に勝手の動かされたのでは、何を持って予算審査して良いのか分からなくなります。
 施行期日も「繰り越し」で平気で次年度へ・・・
 おまけに、きちんとした説明が無いままで行われちゃいます。
 議会と上手く行っていないわけでは無いのに「臨時議会」を召集しない・・・
 熊野市議会では交通費とか日当とか支給しませんから、臨時議会を開いても経費は電気代くらいなんです。
 確かに、「専決」という手法は認められています。
 少し前に話題になった九州の市みたいに専決しているのではありませんけどね。
 全般的に議会に対する「説明不足」は否めません。

 定例会が終わったので、「清流」の編集に掛からなくてはなりません。
 A3裏表ですから、産めるのは簡単ですが、記事をカットするのが大変です。

 来月から再来月に掛けて「議員懇談会・語る会」が行われます。
 私の所属する班では、「和気」と「久生屋」で開催します。
 「和気」はここからは一番遠い会場です。
 和気・楊枝・楊枝川・小船など紀和町でも熊野川本流に面した所です。
 先日出来た道を使って板屋から和歌山県・奈良県を通って走る方が早いでしょうかね。
 少し前までは新宮経由168が楽だったのですが・・・
d0045383_21203469.jpg

 これは楊枝の薬師堂・・・後白河上皇の頭痛を治した「頭痛山平癒寺」と「京都三十三間堂棟木霊地」と言う事で、本当は大変なお堂なんです。
 河の反対側で無ければ本宮参りの客が一杯立ち寄るでしょうね。

 和気や楊枝や小船は大河に面して南が開けているので空は広いし明るいし・・・
 良い所なんですが・・・
 新宮は近くても熊野は遠い・・・
 昔から新宮の方を向いて暮らしていたところですが、大きな熊野川があるので行政上は陸続きの三重県に組み込まれてきました。
 言葉も古い吉野の言葉が残っているような優し目に聞こえます。
 過疎も進んで居るし、どんな課題が出されるやら・・・
 議会には権限は無いし、難しいです。
 市長でも要望を全部かなえるなんて無理なんですけどね。

    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2015-09-18 04:18 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22183973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 世の中は連休だとか・・・      熊野の旅 今度は北海道 >>