LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 22日

熊野の旅 紀和にも秋が来たそうです

 海岸線の田んぼは稲刈りが終わる頃です。
 台風の被害を受けないように、田植えが早くなり稲刈りはお盆の時からになっています。
 お盆が過ぎて段々涼しくなって、黄色くなってきた田んぼにイナゴが・・・なんて季節感はありません。
 まだ、ヒグラシでは無くミンミンゼミが鳴いている時に稲刈りですからね。

 そんな中では紀和の千枚田は田植えも少し遅めです。
 それでも、昔とは比べものにならない早さですけどね。
 恒例の「丸山千枚田稲刈り」が9月6日日曜日10時から行われます。
 オーナーさんが中心ですが、県が募集する体験稲刈りの人も居るし、労組の人達も居ます。
 広い棚田に散らばって適当に各自楽しんでいますね。
 真ん中辺の本部?では式典もやって居ますが、一般の人には縁が無いようです。

 紀和町の中心部、板屋には駐車場が用意されていますし、無料のシャトルバスも出ています。
 何しろ、丸山は千枚田があるくらいですから急峻な土地で、車を置く所などほとんど無いのです、
 このイベントは丸山千枚田を維持するためのオーナー制度の特権の一つです。
 私も議員として割り勘のオーナーらしいです。
 参加者はほとんど市外の方です。
 熊野市は田舎ですし、私なども子供の頃には百姓の手伝いを少しはしていましたから、今更、千枚田だからって稲刈りをしたいとは思いません。
 だから、市内の人のオーナーも少ないし、見に来る人も少ないのでしょう。
 このイベントは成り立ちが普通とは違いますね。
 ただ・・・
 不思議な補助金が特定の団体に出ているのが分かったので、指摘してありますが、来年度からどうするやら・・・
 他所から来るのに助成するなら、公募して知名度アップを図るなど考えないと、毎年自動的に・・・なんて無駄でしょう。
 その団体が来なくなると景色的に少し淋しいのかな?

 皆さん、おいで下さいと言っても・・・
 最近では写真撮影をやめさせようという主催者の意向があるので気の小さいカメラマンはシャッター切れないかも知れません。
 千枚田、秋の写真を撮るならこの週末から来週中くらいが良いでしょう。
 早朝、紀和に向かえば運が良ければ「風伝降ろしの霧」にも会えるかも知れません。
d0045383_20561214.jpg
 
         去年の秋です。
d0045383_2102540.jpg

 木本堤防樋門・・・まだ駄目です。
 17:25 0番が開放です。
 浜には誰も居ません。
 なぜ開けちゃうのでしょう???
 このところ開いているのを見て居たからでしょうね。
 誰の責任???
 花火が終わっても後遺症が残って居ますよ。
 きちんと予想して通告してありますよ。
 防災に関しては最善は尽くしてくれませんでしたね。

21:40の巡回では全門無事でした。

    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    
 

by je2luz | 2015-08-22 04:18 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22056471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 台風の余波 遠くに居...      熊野の旅 一致した70000人... >>