人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 21日

熊野の旅 一致した70000人がベース

 今年の「熊野大花火大会来場者」
 私が当日推測した数字が70、000人
 熊野市が翌日に発表した推測数が70、000人
 初めて一致しました。
 一昨年200.000人、昨年170.000人ともの凄い数字を発表していたので、実地に近づける勇気があるかと思ったのですが、今回は悪天候・延期と言うアクシデントがあったので、激減しても問題ないので、思い切って半分以下まで下ろしたのでしょう。
 厳密言えば切れているかも知れませんが、これで、数字的には現実に近づいたでしょう。
 これをベースに、来年以降続く「平日の花火」の計画を組み立てれば良いでしょう。
 しゃにむに営業・興行に走っていた路線を元に戻す良い機会だと思いますが、無理かな???
 花火の進行に関しては概ね評判は良いです。
 そして、少々淋しくはありましたが、「こうして地元の人もゆっくり見られる花火って良いんじゃ無い!」という越えが市民からも役所の一部からも出ています。
d0045383_20153861.jpg

 花火のPR効果も既に限界でしょう。
 マニアの投票では上位に入りますが、最早、「熊野に花火があるから有名な町」というでも無いです。
 一夜限りの夢が花火です。
 しゃにむに詰め込んで市民にまで不評を買うより、「熊野らしい花火」「紀州の外れまで言ったからこそ味わえた轟き」「花火の醍醐味を体感出来る適当な人数の花火大会」・・・そんなのを目指すべきでしょう。
 花火で押し合いへし合いしたからって熊野が潤うわけじゃ無いです。
 市職員を疲弊させてまで無理すること無いでしょう。
 熊野市興行株式会社じゃあ無いのです。

 もうすぐ9月(8月)議会です。
 一般質問の項目に花火を入れます。
 木本堤防の問題、会場配分の問題、バス団体優遇の是非、そして、花火大会は誰のものかという大前提の問題、非常時避難の問題・・・
 蒟蒻問答になるのかなあ???
 市民の皆さんからもあれこれ出ていますけど・・・
 解ってくれるまでやるっきゃ無いでしょう。
d0045383_20255755.jpg


 20日の樋門の状況は、まだ浜の仕事が若干されていたのもあり、昼間閉まっていた箇所が夕方開いていたりして、午後5時に2箇所開いていて、外を見たけど浜には誰も居ない・・・
 つまり、「開けたら閉める」が守られていなかったのです。
 その時にきちんと閉めてきたからか、夜10時の点検でも異常なしでした。
 でも、まだ、恐れていた事態が無くなって居ません。
 4ヶ月間トラブル無しだったのに・・・

    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    
 

by je2luz | 2015-08-21 04:40 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/22051456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 紀和にも秋が来たそうです      熊野の旅 木本も秋です >>