人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 30日

熊野の旅 任意団体の実態は?

 「今日の話は昨日の続き・・・」
 これを聞いて懐かしいと思う人は年ですよ。
 何しろマエタケ・巨泉ですからね。
 ちゃんと書けば前田武彦・大橋巨泉のDJの決まり文句でした。
 その続きに・・・
 「今日の続きはまた明日・・・」 となるのですが、今のテーマをこれ以上深くやるとややこしくなるので今日でお終いのつもりです。

 「スーパーレインボー商品券」・・・
 こいつは去年の暮れに出て来た「地方創生事業」の「消費喚起型事業」というジャンルに入るものです。
 元々、「レインボー商品券」と言うのがあったのですが、割引率を普通家庭は二倍の2割引に・・・子育て家庭は三倍の3割引にするという、バラマキ予算を使ったものです。

 私が本当に疑問を持っているのはその発行団体です。
 『熊野商工会議所』ではありませんよ。
 「熊野市商店連合会」という任意団体です。
 商工会議所の分科会でも無い組織です。

 なぜ、こんな団体が「レインボー商品券」を発行するのか?
 これは、地元の商店が集まった団体と言うことで、スーパーやホームセンター、コンビニ、薬屋チェーンなどを排除出来るのです。
 そこまでは理解出来ても・・・
 法人格があるでも無し・・・
 事務所もまともに無いらしい団体に、補助金だけで4000万円ほどの公金を任せて良いのかなあ・・・

 「事務局はあります」と言うはずですから、その団体の広告をそのまま載せます。
d0045383_2325292.jpg

 これが載っているのは商工会議所の会報です。
 どうせ同じだからと言うことで別団体の広告も無料掲載でしょうね。
 それは良いにしても・・・
 電話番号は 89-3435ですね。
 熊野市商工会議所の電話番号は 89-3435では無いでしょうか?
 こんな大事業やらせるのに電話も無いの??? と言う事です。
 何をしようと任意団体ですから・・・とか言っても公金がこんなに入るのやっぱりおかしいです。
 どう見てもこの事業が動いている間も実態は無さそうです。
 トンネルするにしても、きちんと体裁を整えないとねえ・・・
 「どうせ誰も気がつかないだろう・・・」と言う事でしょうか?

 役場の職員と外郭団体との区別が出来なくなっていたり・・・
 色々あるんですよ。
 こんな私でも気がつくことがあるのですから実態はどうなのでしょう?

 ブログは任意の勝手なものですから、今まで役所サイドからの反応があったこと無いです。
 職員さん個人的にはあっても。熊野市さんはこうした指摘は「雑音」扱いらしいです。
 私以上に市民の方々の方が色々知っておられるでしょうね。
 私は諦めていません。
 諦めたら負けです。
 皆さんも諦めないで色々ぶっつけて下さい。

 こんなアジテーターは邪魔でしょうね。

   
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    

by je2luz | 2015-07-30 04:48 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21985158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 秋までに・・・      熊野の旅 清流30号 配布開始します >>