LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 27日

熊野の旅 楽しむためのイベント

 南の島の住民は、お祭り好きで、椰子の木陰で毎日踊っている・・・
 今の日本は、毎日とまでは行かないけどそれに近いのでは無いでしょうか?
 最近では学校でダンスが授業に入って、子供達が踊り狂っているようですし・・・
 「ゆとり」の弊害で子供の学力が落ち、国力も落ちると反省したはずなのに、どこかが狂っているようです。
 熊野だけでは無く、何所の自治体でも「イベント」に血道を上げて居ます。
 元々あった、町内の夏祭りや村祭りを衰退させてでも、太鼓にソーランにアロハ・・・
 何所の町にもエグザイルが出来た様です。

 「地域振興」「物産振興」などと言う名目を付けたものも多いです。
 地元の町でしょぼんとやっても、「地域振興」が大義名分だったり・・・
 お祭りとかは元々、信仰か娯楽かだったのです。
 祭りの名目にすれば酒が飲めて米の飯を食うことも大目に見て貰えた時代、みんな嬉しかったようです。

 派手にやるのも楽しみのためならそれで良いでしょう。
 「テレビが取材に来た」なんて、もの凄く喜びますが、そう言う人達って、久居や菰野や美杉谷の行事のビデオって見たことありますか?
 おそらく、夕方、県内のそんなのを放送しているのでしょうけどね。
 世の中ってそんなものなんです。
d0045383_2131599.jpg

 おかしな大義名分を振り回さないで、「みんなで楽しもう」「喜んで貰おう」に徹するのもありでしょう。
 ポスターのお化け屋敷なんてのも、教育的意義も無さそうだし、何かを生みそうな物ではありませんが、娯楽の少ない熊野の子供にちょっとだけ遊園地気分を・・・と、割り切ればそれで良いでしょう。
 私から見ると、こうした催しものに、親が付いてきているのが多いのが気に入りません。
 子供が親離れしないのでは無く、親が子離れ出来ないのかな?と思います。

 8月1日土曜日は紀和の火祭りです。
 ちょっと泥臭いですが、手作り感のあるお祭りですよ。
 夕方に紀和町に行けば場所は分かります。
 311号線の北山川にぶつかるところです。

 8月2日日曜日は「響鼓in熊野2015」です。
 15:30から木本小学校正門、記念通りです。
 今年は20周年記念だとか・・・
 前夜祭でYAMATOなんてプロの太鼓集団の公園が市民会館であるようです。
 指定席3500円、自由席3000円だそうです。
 記念道理の雄史で始めた太鼓のイベントもすっかり育っちゃって、もう手作りではありませんね。

 そうそう・・・
 記念通りの上木本よりに「三尺玉」が飾ってあるのは知っていますが、記念通りを「三尺玉ストリート」なんて呼び方にしたいようです。
 あの辺りを「新町」と呼ばそうとした人も「オレンジタウン」呼ばせようとした人も居ましたね。
 勝手と言えば勝手ですが、そんなものでも居ないでしょう・・・

 松原「竜宮さん」は2日かな???

   
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    

by je2luz | 2015-07-27 04:43 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21977773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 「清流30号」 入稿済み      熊野の旅 熊野市駅前の今 2 >>