LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 22日

熊野の旅 浜は広い

 20日の昼間はちょっと時間があったので、新鹿海岸を覗きに行きました。
 天気は上々、若干海は白っぽかったですが、絶好の海水浴日和でした。
 避難タワーとトイレのある所の駐車場はほぼ満杯でした。
 ここは食堂の分と新鹿観光協会の管理なのかな?
 里川の郵便局側はまだまだでした。
 これは新鹿区の管理でしょう。
 里川河口の方、新しい市の施設のある側の方はもっと人は少ないですね。
 昔と中心が動いた感じです、
 昔は徳司神社の辺りにも貸しシャワーやってる店とかあって、人が居たのですが、高速とのつながりの関係も良くないしで、中心が動いていったのかも知れません。
d0045383_21134418.jpg

     7月20日 12時57分 新鹿海岸全景
 時間的に食事休憩の人も多いのでしょうけど。広い浜は閑散としています。
 増えたのは簡易型テントですね。
 ビーチパラソルでは無く、ワンタッチで開くし、着替えでも出来るテントが全盛のようです。
 もはや、「貸し日傘」の時代じゃないですね。
 クーラーボックスで飲み物もおやつも、休憩場所まで「自己完結」しちゃっています。
 新鹿ではコンビニもありませんし、地元の商店の売り上げも意外と無いようです。

 新鹿温泉も上手く行かなかったし・・・
 新鹿も「新鹿区」「新鹿観光協会」「民宿業者」などの連携が完全に機能しているとは言えない感じです。
 年間通しての観光というのでは無く、いつも書くように、非常に短期の観光なので、「じっくり話し合う」ところには行かないのかも知れません。

 海水浴・家族旅行・民宿・・・
 そんな時代だと、クーラーも無い民家泊まりでお客さんは「海の気分」「田舎の気分」を満喫し、満足してくれたのですけどねえ・・・
 客のニーズが変わっても、一年に数週間しか無いシーズンで、お天気、台風任せではとてもじゃないが、今のお客さんの望むものは建てられませんね。
 新鹿では「熊野古道」と宿泊は結びつきません。
 古道は通っていますが、このハイカーは駆け足ハイカーが多いです。
 それに、行政も民宿と古道歩きを結びつけるような企画を立てませんしね。
d0045383_21324593.jpg

 海水浴場横の湊川を400m程遡ると、この道標で、「二木島峠」「逢神峠」登り口なんです。
 不便だからか、マニアとか仕込みのツアー以外の人はあまり来てくれないのです。

 「新鹿」は「読みづらい駅名」で有名だったのですが・・・
 民宿復権は難しいのかなあ?
 東南海、南海トラフが起きれば逃げなくてはならない場所というハンディはありますが・・・

   
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    

by je2luz | 2015-07-22 05:03 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21965364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by minasaburo at 2015-07-23 23:40 x
ふるさとの情報、いつも読ませてもらってます。
新鹿の海開きには5歳くらいから毎年行っていました。
昔はテントがいっぱいでしたね。思い出もいっぱいあります。
避難タワーが出来てるのを知りませんでした。

熊野市駅で夜行バスを降りて熊野古道を通って実家に帰ったことがあります。
今度は「二木島峠」歩きたいです。

熊野と熊野市、違いますね(^_^;)。
Commented by je2luz at 2015-07-25 00:47
minasaburoさんへ
 ***
 新鹿のタワーは一番先に作られたものです。古い予想波高が基準なのでちょっと低めかな?
 この時も、住民不在で観光客用だけ作ったのです。
 このころ、私が議員でありませんでした。

 この辺の峠は入り口に茶店も無し・・・
 茶店するほど人も来ず・・・
 


<< 熊野の旅 日付入りました      熊野の旅 たかが看板 されど看板 >>