LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 06日

熊野の旅 熊野市を買いに来た企業達

 この何も無い熊野市が売れそうになった時期もありました。
 田中角栄が「日本列島改造論」なんてのをぶち上げた後・・・
 日本中は開発ブームに湧きました。
 実際は開発が行われたところは多くないのですけどね。
 そして、その頃には全国で「〇〇市総合開発計画」などと言うのが作られました。
 熊野市でも「駅から要害山」「鬼ヶ城から猪ノ鼻」「獅子岩から華城」などロープウェイが十数本架かる夢のような計画も出来ました。
 ???夢では無く「ばかばかしいもの」ですが熊野市が作ったものです。
 そんな時期は、大手資本は開発の機会を逃さないようにあちこちに手を伸ばしました。
 紀伊半島は未開の地でしたから当然狙いました。
 関西の大手私鉄の「近鉄系」と「南海系」が買収合戦しましたね。
 熊野市や新宮あたりのタクシーは「近鉄タクシー」と「南海タクシー」になりましたね。
 鬼ヶ城は南海、その入り口は近鉄・・・
 原発の絡みもあって複雑化したりしつつ、南海と同系列の高島屋系の会社が「井内浦・大崎半透」と「金山」を押さえました。
 「鬼ヶ城センター」は南海、入り口には「近鉄ロッジ」、金山(久生屋)には南海の「オレンジホテル」が出来ました。
 熊野は南海優勢だったようです。
 国鉄紀勢線も近鉄に身売り論まで出ていました。
 私鉄バスでは三重交通は近鉄系、熊野交通は南海系かな?
 尾鷲のサンポートホテルは高島屋でしたね。
 この様に、二つの鉄道会社が紀伊半島を制覇しようとしのぎを削り、原発周りでは金の臭いに釣られた企業もうごめきました。
 そうそう、原発の真上に老人ホームを作るなんて高島屋系の企業が言ったこともあります。
 誰も信じませんでしたけどね。

 このブームが終わって、電鉄会社も興味を無くした後で、「リゾート法」というのが出来て、「三重」「宮城」「宮崎」が指定され、国の金でリゾート開発するなんて嘘みたいな話が出ました。
 うまい話なので、他の県が放って置くはずも無く、追加で29県か何か指定されて骨抜きに・・・
 その時には、大資本は土地など買う気はなし、自治体が道路や水道など全部用意しておいで頂くシステムでした。
 その基本概念は、内閣リゾート開発室の偉いさん(地元の代議士さん)が熊野で話してくれたのですが、「家族4人で一日10万円ほどでお安くバカンスを楽しんで貰う・・・」というものでした。
 私は議員になったばかりでしたが、「そんなバカンスを楽しむ日本人って一杯居るんですか?」と質問させて貰いましたが、「これからは日本人にライフスタイルが変わります。」と言う事でお終いでした。
 あれから四半世紀・・・庶民はもっと苦しくなったのかも・・・
 少なくとも、尾鷲や新鹿で100万ほど掛けて10日間家族夏期休暇を取る人は増えていないですよね。
 西欧風のバカンスで一泊二日とか二泊三日の家族旅行では無く、10日とか半月を想定した、庶民とはかけ離れたものだったのです。
 言うなればシーガイアのようなのを全国に作ろうって事だったのです。

 熊野市と尾鷲市が指定されましたが、それまでに、それなりの規模のリゾートホテル、「オレンジ」と「サンポート」が破綻して解体されていたところです。
 熊野ではホテルとゴルフ場、フルーツフラワーパークだとかスポーツリハビリ施設だとかの計画を持ち込まれ、そのたびに「雨竜企画」「日比谷ガーデン」「ミズノ」などと言う一流企業がおいで下さって、何千万とかの単位でお金だけ持って帰りましたね。
 そうした間にも素人の議員などには合ってもくれませんでした。
 まあ、この体質はこの少し前までの顧問とやらの人も同じですけどね。
 どれをやっても無茶な企画で出来なかったのが良いとも言えるのですが、その消えた企画を三重県がよみがえらせたのが「里創人・熊野倶楽部」です。
 
 この様にこの紀伊半島南部も大資本が食指を動かしたこともあるのです。
 熊野だけでは無く和歌山県側を含め、大手の開発会社が本気になったことが無いんです。
 戦前からの「吉野熊野国立公園」があっても・・・
 出来た「グリーンピア」とかも全く採算合わずに閉鎖なって居ますね。
 太地の水族館も来客が減ってので「イルカの貸し出し」で繋いでいましたが、それさえ絶たれそうです。

 背丈に合った旅館とか民宿でさえどんどん減って居るんですよね。
 せめて、古道沿いに「旅籠」風の旅館や「茶店風」飯屋が並ぶ街並みでも作らないと・・・
 石畳じゃ無く、蟻の熊野詣当時の庶民の遍路道を復活させるのが一歩目かな?
 でも、お客さんに入って貰う銭湯ももうすぐ無くなりそうです。
 飯は干物食わせて・・・
 ハイ・ソサエティーのくる場所じゃ無いのです・・・
 ソレントやモナコでは無く、ナポリのそれも路地裏なんですよ。
 治安は良いですけど・・・
d0045383_0131466.jpg


   
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    

by je2luz | 2015-07-06 04:02 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21928456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 月例広報くまの7月号より      熊野の旅 田舎と大資本 >>