人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 18日

熊野の旅 料理にもTPO・・・2・・・ここは熊野 

 昨日の続き・・・
 昨日から載せている料理の写真・・・
 あの一皿が8人前です。
 一人当たり、小エビ一匹、2cmほどの里芋が一個で一品終了。
 刺身もあれで8人前!
 一皿で一人一箸ずつです。
 ここは観光地の食堂なんですけどねえ・・・
 まあ、視察の時、昼飯弁当を頼んだら1600円と言った高級店です。
d0045383_214238.jpg

 上は天麩羅・・・当然一人一個
 下はフランス料理風?何を食えばいいのか分からないけど一人一個
 この天麩羅が出る前に、わんこそば風の小さな日本蕎麦が汁に入って出て来たのです。
 だから、みんな、「これで終わり?」と思ったのです。
 しばらくすると、この天麩羅とオードブル風のが出ました。
 私達田舎者は「順番ちがわへん?」と思っちゃったのです。
 写真が下手だから、天麩羅がべっちょりみえるでしょう?
 でも、私が安心出来るのは、実物も「べっっちょり」なのです。
d0045383_21105792.jpg

 次に出たのがこのご飯? です。
 雑穀を入れたおこわ風な物が汁の中に座っています。
 この器は口を付けてかき込める物では無いし、白飯と違い箸で挟めないし・・・
 ことに私は箸が恐ろしく下手なので苦戦しました。

 締めは熊野市の誇る「新姫シャーベット」でした。(一寸嫌みかな?)
 「新姫アイスクリーム」などと言いますが、乳脂肪分など基準だけ入って居るはずのない「シャーベット」です。
 法的には「アイスクリーム」と言ってはいけないでしょう。
 これは、「珍しい味」です。
 残念ながら地元の人はあまり褒めません。

 と言うことで、コースの宴会料理を紹介しました。
 何だかよく分からない品物ですが、このパソコン時代なのに料理の説明書きはありませんでしたね。
 刺身と天麩羅は日本料理? 他は???
 イタリアンでは無かったねえ。

 南郡・熊野の議員とか県民局の人ですが、試食代わりのような懇親会ですが、「熊野」らしい物はゼロでしたね。
 刺身は及第ですが・・・
 あのカシワの鍋も。「熊野地鶏だろうな・・・」と熊野人は思うし、県の人は「東紀州地鶏かな?」と思うでしょう。
 同じもので名前が違うだけですけどね。
 細かく言えば・・・ 最後の箸休めの漬け物・・・「高菜漬け」じゃ駄目?
 まあ、生産過剰まで行ってないようですけどね。

 干物王国でも、「田舎くさい」から出さないのかな?
 今の季節なら・・・
 「サラタケ」「破竹」「生節」「小鰺」「鰯」・・・
 やっぱり田舎くさいのかな?

 鬼ヶ城センターの完成前に中味が表に出た時に・・・
 「なんで鬼ヶ城でイタリアンなの?」
 と言う半分クレームもあったのに、無視しましたが、その感覚は料理長が替わっても同じですね。
 事実上の社長・熊野市長がイタリアン大好きだからしかたない・・・では困りますね。
 「ここは熊野市」
 観光客が求めているのは「新橋の料亭」でも「六本木のレストラン」でもないんです。
 地元の人も「他所から来た人に勧められる料理」、「自慢出来る料理」「熊野らしい料理」を期待しているのです。
 そう言う意味では、鬼ヶ城センターの料理は再考を要します。

 民業圧迫にならない様に気を使っている????
 まさか!!!!

 「田舎議員が何言うか!」と、鼻で吹くとすれば、田舎の観光食堂には適さない一流過ぎる板前さんだと思います。
  私が言う「牡蠣小屋」ならぬ「干物小屋」などやる気にもならんでしょう。
 でも、観光客にどっちが納得して貰えるでしょう?

   
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  

   

by je2luz | 2015-05-18 04:40 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21796333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by wankoya at 2015-05-18 17:01 x
昨日から、哀愁漂う、いい写真ですね(ネオレストの雰囲気に似てる)
ターンテーブルの素材(ああ、きのくに熊野)までコーディネートされてる・・・
これは、市会議員として一言、発言した方が良いのではありませんか?
 大皿で出すには華やかさが必要
 刺身を一切れづつ数えて取れ?(一人分を一山にして人数分盛り込むんだよ)
 形式だって必要だよ(形式に合わせて前菜とか出す)
 料理は目でも楽しむんだよ
なんかもうイライラしますねえ
どういう経歴の人がメニュー考えたんですか?
こういうのって、大皿で華やかさを披露した後、個々にサーブしてくれて、もっと食べたい人のために大皿に少し残してターンテーブルに置いて料理の能書きたれて料理人は席を外す・・・の、はずなんですが、どうでしたか?
 
Commented by je2luz at 2015-05-26 23:32
前回は料理長が違ったのですが、時間の経ちすぎた保温料理のバイキングで不評でした。
 今回は、「料理長が替わりましたから・・・」と言われていたのですが、このていたらく・・・
 南郡の町会議員も何も言いませんでしたがあきれたでしょうね。
 前回などはあの料理を市長自ら褒めまくりました。
 つまり、「社長」がそれですから、おいしく変わる見込み薄です。


<< 熊野の旅 渓流はどこにでも      熊野の旅 料理にもTPOがある... >>