人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 11日

熊野の旅 丸山千枚田 保存も大変なんです。

 昨日、5月10日に紀和町丸山千枚田の田植えがありました。
 土曜日は雨でしたが、日曜日は夜中に雨が上がって朝から上天気、結構人が来ました。
 基本的には、千枚田はオーナー制を採っていますから、集まったのはオーナーさんがほとんどです。
 田んぼの下の方は労組がオーナーになって居るらしく、毎年労組の人が集まるので結構若い人が居ます。

 先日、千枚田の保存維持に関する報道もありましたが、日本中に棚田があり、そのほとんどが高度成長期までに廃耕田化して居たのですが、文化財とか観光という面での見直しがされ、手を入れられたところも結構あります。
 ところが、効率の悪い棚田を自力で維持する奇特なお百姓さんは居ません。
 先人が百年も二百年も掛けて開墾し、維持してきた田んぼは、文化財として価値もあり、治山・治水にも役立ってきました。
 畳一枚もないような田んぼ、耕耘機など入らない、牛でさえ使えなかった田んぼを人力で耕すなんて・・・
 とんでもないコストが掛かるのです。
 よその棚田でも、手を入れたけど維持出来なくなってきたところが増えているようです。
 これも、過疎・高齢化が進んでいるのですから当然ですね。
 単純に景色を見て感心し、田植えや虫追い、稲刈りなどを体験し見物するなら「良いもんだねえ・・・」で済みますが、ほとんどの人は実態を知りませんし、知ろうともしません。 

 熊野市の丸山千枚田は再興当初から「オーナー制度」を導入し、県職員さん他、県内や県外の方の賛同をいただいて、成功例になって居るようです。
 でもねえ・・・
 千枚を超える棚田を維持するのですから、そんなものではとうてい足りません。
 当初に北川知事が公費で再興した時の巨費は抜きにしても、毎年、税金がかなり投入されています。
 例えば・・・予算額ですが・・・
                   平成26年度       平成27年度
 千枚田保全業務委託料  19.442.000    22.645.000
 虫送り補助金          500.000       570.000

 ふるさと振興公社      59.869.000    46.124.000
 農業公社           10.682.000    10.342.000

 予算書で見られる直接支出は上の二つです。
 昨年で2千万円、今年で2830万円ほどかかっています。
 これは下がることはありません。
 石垣が崩れたりの災害復旧は別枠ですし、下の二つからも間接的に回っている可能性もありますし、いつも言うように各種行事に動員される職員さん分の隠れ予算もありますね。
 
 先頃書いた女子大への補助金は今年度は不執行にするとか・・・
 だからこのリストには載せていません。
d0045383_21125176.jpg

 かなり高いオーナー権料を頂いてもとてもじゃないが維持など出来ません。
 これだけ手を入れて維持している事を知った上で、「いいね」と言って欲しいです。
 熊野市民全員が千円カンパしてやっとこさ維持しているのです。
 こうしたことを知りうる立場の筈なのに、単純に「いいね」と言われると腹も立ちます。

 これだけ手を入れても、地元のお百姓さんではやって行けません。
 と言うより、居なくなっちゃいますからね。
 やっぱり、市民の同意と賛同を得なくてはいけないでしょう。
 他の棚田を見捨てなくてはならないのですから・・・

   
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    
熊野市周辺地図です
   

by je2luz | 2015-05-11 04:20 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21778512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 かんぽ閉鎖問題      熊野の旅 交通体系の変化  >>