LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 21日

熊野の旅 議員と語る会・議員懇談会 第二ラウンド

 今週金曜日、遊木と神川で議員懇談会があります。
 20日に大泊でありましたね。
 昨年秋に続き第二ラウンドです。
 熊野市は広く、地形複雑なのでかなり細かくやらないとカバー出来ません。
 たった14人の議会ですが、5・5・4の三班に分けて回ります。
 三班が9回ずつやって27箇所…去年の二箇所を入れて29箇所…
 それでも11か町村半合併して熊野ではカバー出来ていませんね。
 議員数の二倍…これでもカバー出来ないほど複雑な地形です。

 私は今回、4名の班で遊木へうかがいます。
 遊木もかつては2名の市会議員がいたところですが、もう5期の間不在です。
 過疎も進んで単独では議員を送れないでしょうね。
 議員定数の削減も結構ですが、そこそこ大きな集落や旧村では議員が出せないところが増えてきました。
 地域代表では無いとは言いながら、近隣にも議員がいない所って何かと不便でしょう。
 熊野は無投票にはなりませんが、よそでは無投票が増えていますね。
 難しい問題です。

 村や集落のつながりが薄れてきても、全くのフリーで全市を相手に選挙するって、かなり難しいです。
 私はそうした選挙に近いことをやって来ましたが、やはり落ちましたからね。
 顔が知られている、知名度があるだけでは市議選はしんどいのです。
 ここへきて、ようやく、全国区的な選挙が出来るようになった感じです。

 遊木の懇談会に際して出て来た要望を見ても、「地元に市会議員が居ないからだろうな」と言うことが見て取れます。
 街角で「おーい! 一寸頼みがあるんじゃけどにゃあ・・・」と話せば住む程度のことも、声を掛ける相手が居ない地区が増えちゃったのです。
 私は清流の配布で中心部は歩き回っています。
 行く先々で色々声が掛かります。
 それでも、木本・井戸・有馬・久生屋など以外に顔を見せることは少ないですね。
 中心部は年に4回、路地裏まで歩きます。
 でも、たった4回です。
 下手すると夜中だったりしますから、私の姿を見る人もそう多くないでしょう。
 宣伝カー代わりの真っ赤なVW UP!で動くので、その地区に来ていたことはわかるようですけど…

 そこそこうろついて、ブログも11年書き続けて、「清流」も29号まで発行し、議会では欠かさず発言し…
 ようやく少し名前を覚えて貰えたところです。

 遊木では出された質問の中で「空き家問題」などの回答を担当します。
 「空き家対策特別処置法」と言うのができて、5月から執行されるのですが、まだまだ実効性のある所には至っていません。
 危険家屋を強制執行・代執行で取り壊すことも可能なのですが、今の法律では宅地建物は個人の財産ですから、簡単に実行に移すことは困難でしょう。
 代執行した工事費の回収問題もあります。
 家屋敷を放棄した、よそに居る子供や孫に取り壊し賃、数百万払えと言ってもねえ…
 田舎では取り壊し賃より土地の方が安いのがざらですから…
 「物納」「寄付」も行政は嫌がるのです。
 その現実に住民も行政も目を背けたがります。
 厄介なテーマですね。
d0045383_020886.jpg


  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    
熊野市周辺地図です
   

by je2luz | 2015-04-21 04:40 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21726484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 ゴミ減量とゴミ焼却炉...      熊野の旅 高規格(高速)道路の... >>