人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 04日

熊野の旅 次なる心配事

 11日を過ぎれば津波が来ても一応安心出来る態勢が出来ます。
 きちんと堤防の扉が閉じられますからね。
 多分、開けるやつは出るでしょうが、その時は警告文書を貼って又閉める・・・
 簡単には開門用のハンドルが回らないようにハンマーできつく閉めることも出来ます。
 閉めるのが急がれることがあっても開けるのが急ぐなんて無いはずですからね。

 こうして扉が常時閉まると安心なのですが・・・
 今度は違う心配があるのです。
 今日はその件で消防署へ行ってきました。
 丁度署長も新しくなっていたので、「おめでとう!」と声も掛けて来ました。
 かつての熊野市消防署は無線クラブのメンバーだらけだったのですが、どんどん定年を迎えて卒業しちゃいました。
 今度の署長の下には、旧来のメンバーは一人になっちゃたようです。
 若かった署員が定年ですからねえ・・・
d0045383_21345191.jpg

 用件は・・・
 高波警報の時の対処方法です。
 今までは警報が出て門扉が閉まっていれば浜には出られなかったのです。
 しかし、今は閉まっていても階段で簡単に下りられるのです。
 浜の中頃まで波が来るほど荒れていても、降りちゃう馬鹿が必ず出ます。
 「必ず」なんです。
 付きっきりで止めるのとは出来ませんが、階段にロープを張り、「高波警報発令中・浜への立ち入りを禁止します」と言うような看板を取り付けるくらいはしなくてはなりません。
 やるとすると、堤防の管理者三重県土木と三重県警と熊野市消防が相談して、実施基準と実施団体を決めなくてはなりません。
 今までの樋門はかつては消防署員が締めて居たのですが、近年は木本消防団が閉めていました。
 おそらく、次の対策も消防団でしょうね。
 なにしろ、「役所」ですから、チョイチョイって蛍光板を掲示する子もで来ません。
 おまけに組織も違うし・・・
 7月には台風が来る可能性があるので、すぐに動かないと間に合いません。
 これも、「防災」で「人命」が掛かっています。
 多分、早急に動いてくれると思います。
 そんなに金が掛かることじゃないですからね。

 「津波避難経路標識」も作らない熊野市ですから、こんな事も念押しに行かないと不安です。

 私って本来楽天家なんですけどね。

 「こんな私にだれがした・・・」

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    
熊野市周辺地図です
   

by je2luz | 2015-04-04 04:44 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21681798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 雨天決行 神川さくら祭      熊野の旅 木本堤防樋門(防潮扉... >>