人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 28日

熊野の旅 我が新出町には道しるべ10本!

 昨日、熊野市が建てた新しい「道標」を紹介しました。
 世界遺産指定が取りざたされた頃から、この10年ほどの間に、実に色んな道しるべが作られました。
 私の町内は木本でも一番狭い町なのですが、国道42号線から駅に向かい道もあるし、何だか、一杯道しるべがあるように思えたので、一回りして写真を撮りました。
 9つ見つけて、「一杯だ!」と思ったら・・・
 国土交通省が作ったどでかいのが上空にあるのを見落としていました。
 国道とそれに平行な本町石畳道路共に250mほどとそれを結ぶ細い脇道20mはど、駅に続く道60m程しか町内には道はありません。
 交差点は7箇所です。
 そんな狭い範囲に10本建っているのです。
 何ともご親切な・・・
d0045383_22482611.jpg

 この「3」の黒いのは。熊野特産「那智黒石」です。
 ところが、天然物では無く「ねりもの」と言われる、那智黒石の粉をプラスチックで固めたものです。
 2003年建立らしいですが、完全に劣化して白くなっています。
 これでは「那智黒石」のイメージと品質が疑われます。
 他の場所にもあるのですが同じようにぼけています。
 屋外で使うのは無理なようです。
 国道の歩道なのですが建てた年号は刻んでありますが、建てた責任者が見当たりません。
 役所に調べてくれるように頼みました。
 こんな状態だと、「那智黒」で無い方が良いですよね。
 この写真の後の方に「国土交通省」の標識「5」が見えています。
d0045383_22595282.jpg

 下に他のも纏めた写真を貼ります。
 建てた団体の色々みたいですし、補助金も色々みたいですが、「ここまでやるかよ!」という感じです。
 統一性はありませんが、道順表示ですから書いてあることはほとんど同じです。
 同じ所に二つなんてねえ・・・
d0045383_2325848.jpg

 ここいら辺は、追分じゃないですが一応分岐点なので、考えた人は「新出町にも要るぞ!」と作ったのでしょうね。
 紀州藩と新宮藩の国境だからと言うのではありません。

 この町内に10本ありますが、隣の布袋町や馬留には無さそうです。
 同じ所へ誘導する記述の方向が間違って無さそうなだけ良いとしましょうか?
 でも、『痛んできても放置』では駄目ですね。
 それと、建てた責任所在が解らないでは駄目でしょう。
 道路占有許可などもらって居るはずですからね。
 道によっては「野立て看板」「屋外広告物」として禁止されるのです。
 金山の道などには、前にも書いたように、誘導の看板すらないのですからね。
 あそこだって。大きな観光地なのにねえ・・・

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2015-03-28 04:17 | 熊野 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21663572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by wankoya at 2015-03-28 08:33 x
おはようございます
そういえば、ここ1年以内の話ですが、これだけ道標があっても松本峠に行くのに迷いましたよ!
LUZさんに言いつけてやる!とその時は意気込んだはずですが、お話ししましたっけ?
獅子岩の方から(東西南北わかりません)石畳の道を歩いて峠に向かって、つきあたりの道標が「松本峠→」になってました
右に行くと木本神社に出て、海ではないと思ったので西郷川の方まで行って、途方に暮れました・・・
近所の人に聞いたら「これは間違っている、考えたらわかるだろ」とキッパリ!
フフフ・・・、ひとつ間違ってたら行けませんよ
そこんとこヨロシク!
Commented by je2luz at 2015-03-28 23:22
親地町の木の道標は置き場所を変えて方向が合うようにしてありました。
 でも、あの向きでは標識に向かった歩いてくる人は地元の人だけです。
 作り間違いですね。
 無責任です。
 登山道じゃないから人命には関わらないでしょうけどね。
Commented by wankoya at 2015-03-29 21:06 x
いつも丁寧に答えてくださってありがとうございます
今日は小森に行ってきましたよ
予報どおりの雨で、寒くて人も少なくて、少し寂しいおまつりでしたが、桜は綺麗でした
金山から県道52号を行きました(遠かった・・・)
育生町の人里に出てからは地図とバス停の地名を頼りに、紀和町なんて標識は無視して走り、三叉路の「小森さくらまつり」の幟にヨシッ!と一本道に入りました
帰りは神川の桜を見るコースにしました
今週ではまだまだ早いですね
本当に上手く日程を組んであるものです
帰り道は下から霧が上がってきて、千と千尋の世界に踏み込んでしまったのでは・・・と黙って運転して、熊野の町に降りて来たときはほっとしました
鬼ヶ城の山の桜はまだまだまだですね
小森、神川と、奥の桜の方が早いのが不思議です
鬼ヶ城の桜が散るときは、花びらで山が膨らんだよう見えて、笑っているように散っていくのを見たことがあります
坂を下って来て鬼ヶ城の桜の山を初めて見たときもその意外性に驚きました
来週は好天に恵まれるようお祈りしています
Commented by je2luz at 2015-03-30 21:39
wankoyaさんへ
 ***
 今日、3月30日から井戸から神川に抜ける七色峡線が通行可能になりました。
 これが通れると山間部へ入りよくなります。
 神川の桜は5日まで保たなさそう・・・
Commented at 2015-03-31 09:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by je2luz at 2015-03-31 20:49
wankoyaさんへ
 ***
 小森は散々だったようですね。
 今度の神川は後5日も花が舞ってくれるかどうか・・・
 さらに、天気まで・・・
 これが駄目だと今年の熊野の花見は惨敗ですね。
 井戸川・県庁舎脇の花見も今週末かな?花は大丈夫みたいですが天気は???

 酒飲みは雨さえ降らなければ花は一二輪で良いみたいですけどね。


<< 熊野の旅 紀南病院 免震構造基礎      熊野の旅 こんなのがあちこちに・・・ >>