人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 09日

熊野の旅 こんなの始まりました 熊野街道雛めぐり

 「熊野街道ひなめぐり」などと言うのが始まりました。
 一ヶ月の間、眠っていたお雛様があちこちで飾られ日の目を見ます。
 そして、「スタンプラリー」とやらがあって、ある程度の数集めると記念品が貰える?
 子供達が喜んで走り回っていました。
 どこから始まったのでしょうね? 全国で行われるようになりました。
 桃の節句がこうなってきたし、端午の節句は川や浜で鯉のぼりが泳ぐところが多いし・・・
 初節句で買って貰っても、ほんの少しでお蔵入りになるので、こうした行事で日の目を見るのも良いでしょう。
 子供達もこうでもしないと、お雛様も鯉のぼりもまともに見られなくなってきています。
 何しろ子供がほとんど居ないのですから・・・
 お雛さんは立ち雛とか今の家でも飾れるのがありますが、鯉のぼりのミニチュアは頂けません。
 家で飾るには無理なので、鎧甲なんて流行ってるんだとか・・・
d0045383_22214212.jpg

 ここ旧奥川邸・ツアーデザインセンターでも飾られています。
 この幟が目印です。
 木本では珍しいちゃんとした日本建築ですから、お雛様が似合います。
 文化交流センターとかでずらりと並んだのは華やかですが、大阪松屋町筋人形屋の陳列的になっちゃいますね。
 その点、日本間に飾られると・・・
 でも、見物人には拝見しにくいかも知れません。
 だから、子供はスタンプだけ貰って飛び出して行きます。
d0045383_22265857.jpg

 ここのメインに成っている床の間の雛飾りは、「寝殿飾り」です。
 最上段だけですが、寝殿になって居て内裏様とお雛様が中に居られます。
 寝殿だからって寝ては居ませんけど・・・
d0045383_22295379.jpg

 この辺にしては立派なものですが、そんなに古くは無い感じでしたから、センターの人に・・・
 「これ、昭和の初期?」と訊ねてみました。
 「昭和10年頃とかだそうです」の返事でした。
 戦前のまだ物がある時代のものですね。
 あちこちで展示されているのは、戦後、者が一杯出て来てからの新しいものです。
 大量生産ものですから・・・
 我が家にもお雛様は眠っています。
 昭和54年ものです。
 何回出したかなあ???
 娘が出て行ってから私の気まぐれで一回出してみたことがあります。
 出すは良いけどしまうのがねえ・・・

 この昭和10年のお雛様・・・
 当時木本でこれだけのお雛様を買って貰えるお嬢さんは・・・
 そんなに居ません。
 もし木本のものなら、出所は絞り込めそうです。
 それほど小さな町なんです。

 こうした行事は「観光」では無く「住民福祉」でしょうね。
 たまたま通りかかった観光客の目は楽しませますが、遠くの客を引っ張るほどの力はあまり無いでしょう。
 日曜日・上天気・・・
 木本にしては子供が居たかな???
 こんな事言うから叱られるんですけどね。
 幟もチラシも住民福祉と割り切れば問題ないのです。
私の登壇予想時間
  3月11日 午前9時45分~10時ごろスタート
   発言持ち時間1時間 ほぼ全部使い切ります。


  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    
熊野市周辺地図です
  

by je2luz | 2015-03-09 05:05 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21615818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 三月定例会一般質問 地震津波対...      熊野の旅 湯ノ口温泉 回数券問... >>